前月翌月バックナンバー一覧

クラシック音楽CDの雑談(2014年8月)

ふと思ったことなどを寝言みたいに書いてます・・・


2014.8.31

トン・コープマンによるC・P・E・バッハのオルガン・ソナタ集

 今年は,大バッハ(ヨハン・セバスティアン・バッハ)の次男のカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(Carl Philipp Emanuel Bach, 1714-88)の生誕300周年に当たるため,それを記念して数多くの録音がリリースされているのですが,トン・コープマンがオルガン・ソナタを演奏した1枚が発売になりました。

 カール・フィリップ・エマヌエル・バッハは,軽快な協奏曲やソナタの数々で人気を博し,存命中には父親の大バッハを凌ぐ知名度があったのですが,オルガンのための作品は少なく,Wq70の7つのオルガン・ソナタが目立つ程度です。

 今回のCDには,このWq70のソナタから5曲と,Wq69の2つの鍵盤楽器のためのソナタをオルガンで演奏したものが収録されています。弾いているオルガンは,ベルリンにある,Peter Mingendtの1755年製のもので,下記ジャケ写のものです。

 私もこれまで,カール・フィリップ・エマヌエル・バッハのオルガン曲というのは,ほとんど聴いた記憶がないので,今回はどのような作品と演奏が聴けるのか非常に楽しみです。
  • カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ
    • 7つのオルガン・ソナタ Wq70~
      • 第4曲 イ短調
      • 第3曲 ヘ長調
      • 第6曲 ト短調
      • 第5曲 ニ長調
      • 第2曲 変ロ長調
    • 2つの鍵盤楽器のためのソナタ ニ短調 Wq69
      • トン・コープマン(オルガン) <2013.4 &10>
      • 蘭CHALLENGE CLASSICS CC 72260

CC 72260

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.30

パッパーノ指揮,ローマ聖チェチーリア音楽院管のSACD

 アントニオ・パッパーノとローマ聖チェチーリア音楽院管は今年の11月に来日公演を行う予定ですが,それを記念してということなのか,両者のEMI録音の中から定評のある3点がSACDハイブリッド盤で再発売されました。

 発売されたのは,1点目がドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」と,ブルネロの独奏によるチェロ協奏曲,2点目がレスピーギのローマ三部作と夕暮れ,3点目がチャイコフスキーの管弦楽曲集です。

 いずれもCD発売時に好評を博していたものですが,CDであることの音の限界もあり,これらがSACDの高音質で聴けるというのは朗報です。そのため,私も発売と同時に大喜びで入手し,さっそく聴いてみました。

 それで聴いてみた結果ですが,残念ながら,SACDレイヤであっても音の情報量はCDレイヤと同等であり,要するに全て「なんちゃってハイレゾ」,「なんちゃってSACD」でした。

 今回の音盤でのCDレイヤとSACDレイヤの音質の違いは,これまで種々発売されてきたなんちゃってSACDの場合と同様で,SACDレイヤの方が音に余裕があって,輪郭線が太く,エネルギー感に優れている反面,大味な音であり,それに対し,CDレイヤの方は,やや細身で窮屈な感はあるのですが,音の反応の良さ,デリケートな響きの感覚,ストイックな表現などに優れており,どちらが良いかは個々人の好みやポリシーにもよるかと思いますが,個人的にはCDの音の方が真っ当だと思います。

 EMIの国内盤では,これまでも「なんちゃってSACD」を数多くリリースしてきた前科が有り,ALTUS&キングインターナショナル一派と並ぶ,「なんちゃってSACD」の一大勢力の感があるのですが,特にEMI音源に関しては,フルトヴェングラーやカラヤンや名盤SACDシリーズなど真っ当なSACDも数多く発売していることから,今回は期待していたのでしたが,完全に裏切られました。EMIジャパンからワーナー・クラシック・ジャパンに変わっても,このようなリリースが続くことは憤懣やるかたないと言うほかなく,金輪際やめていただきたいと思います。
  • ドヴォルザーク
    • 交響曲第9番「新世界より」 <2011.11.26-28>
    • チェロ協奏曲 <2012.1.21,23 & 24>
      • パッパーノ指揮,聖チェチーリア音楽院管,
        マリオ・ブルネロ(チェロ:協奏曲)
      • WARNER CLASSICS WPCS-12841/2 (2SACD Hybrid)
  • レスピーギ
    • 交響詩「ローマの噴水」
    • 交響詩「ローマの松」
    • 夕暮れ
    • 交響詩「ローマの祭」
      • パッパーノ指揮,聖チェチーリア音楽院管,
        クリスティーヌ・ライス(メゾ・ソプラノ:夕暮れ) <2007.1.11-23>
      • WARNER CLASSICS WPCS-12843/4 (2SACD Hybrid)
  • チャイコフスキー
    • 幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」 <2005.12.3,5 & 6>
    • 幻想序曲「ロメオとジュリエット」 <2006.7.7 & 10>
    • 歌劇「エフゲニー・オネーギン」~ワルツ(
    • 歌劇「エフゲニー・オネーギン」~ポロネーズ
    • 序曲「1812年」(オリジナル版)() <以上,2005.12.3,5 & 6>
      • パッパーノ指揮,聖チェチーリア音楽院管(&合唱団:A,B),
        ロベルト・ヴァレンティーニ(バス:),
        マーク・ストーン(バリトン:),
        ニコラ・マティシジ(テノール:
      • WARNER CLASSICS WPCS-12845 (SACD Hybrid)

WPCS-12841/2 WPCS-12843/4 WPCS-12845

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.29

ザルツブルクのニューイヤーコンサート2014

 ニューイヤーコンサートといえば,毎年元旦にウィーンフィルがムジークフェラインザールで行うウィンナ・ワルツの演奏会が本家本元といえるものですが,同じウィーンのオーケストラであるウィーン交響楽団の自主レーベルからもウィンナワルツを収録した1枚が発売になりました。

 これは,今年の1月15~17日に,ザルツブルクの祝祭大劇場で行われた演奏会のライヴ録音で,指揮はウィーンフィルのヴィオラ奏者でもあったマンフレート・ホーネックです。

 特にシュトラウス一家のウィンナワルツの演奏に関しては,ヨハン・シュトラウスのオーケストラが本家本元なはずなのですが,いつの間にかウィーンフィルの演奏がウィンナ・ワルツの本家本元になってしまっている現状にあり,それはもちろん,演奏の素晴らしさもあってのことではあるのですが,一方のウィーン響が今現在,どんなウィンナワルツを聴かせてくれるのか興味津津です。
  • ヨハン・シュトラウス2世
    • 喜歌劇「ジプシー男爵」序曲
  • ヨーゼフ・シュトラウス
    • ポルカ・マズルカ「とんぼ」
  • ヨハン・シュトラウス2世
    • ポルカ・ギャロップ「フリオーソ」
  • エドゥアルド・シュトラウス
    • ポルカ・フランセーズ「みつばち」
  • ヨーゼフ・シュトラウス
    • ワルツ「オーストリアの村つばめ」
  • ヨハン・シュトラウス2世
    • ポルカ・フランセーズ「クラップフェンの森で」
    • ポルカ・シュネル「狩り」
    • ワルツ「南国のばら」
    • トリッチ・トラッチ・ポルカ
  • ヨーゼフ・シュトラウス
    • 鍛冶屋のポルカ
  • ヨハン・シュトラウス2世
    • ワルツ「春の声」
    • ポルカ・シュネル「雷鳴と電光」
      • マンフレート・ホーネック指揮,ウィーン響 <2014.1.15-17>
      • 独SOLO MUSICA WS 005

WS 005

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.28

バーンスタイン指揮のベルリンの壁崩壊記念コンサートでの第9の映像

 かつて西ベルリンを取り囲み,冷戦時代の象徴でもあった「ベルリンの壁」は,1989年11月9日に国境ゲートが開放され,翌日から壁の取り壊しが始まったのでしたが,歳月の経過は早いもので,今年は壁崩壊から四半世紀を迎えます。

 当時,この壁崩壊に呼応した,有名音楽家の活動も数多くみられましたが,中でも大きなイベントとなったのが,同年12月にベルリンで行われた,ベートーヴェンの第9の記念コンサートで,オーケストラはバイエルン放送響をメインに,ドレスデン・シュターツカペレ,キーロフ管,ロンドン響,ニューヨークフィル,パリ管のメンバー。合唱もバイエルン放送合唱団をメインに,ベルリン放送合唱団のメンバーとドレスデンフィルの児童合唱団が参加しました。

 この大イベントを指揮したのは,他ならぬバーンスタインでした。そして,この演奏会にふさわしい内容とすべく,第4楽章の歌詞の「喜び(Freude)の歌」を「自由(Freiheit)の歌」に変更して歌っています。演奏会は12月23日が西ベルリンのフィルハーモニーホール,12月25日が東ベルリンのシャウシュピールハウスで行われました。

 この2日の演奏会のうち,12月25日のものがライヴ録音と映像収録され,当時LPやCD,LDやVHSが発売されていました。

 私も1990年2月10日に発売された,このライヴ録音の国内盤CDを入手して聴いていたものの,映像については未入手だったのですが,最近になって独EUROARTSからDVDが発売になりました。

 この演奏会は,演奏自体の出来映えもさることながら,やはり歴史的晴れ舞台ともいうべき演奏会において,それぞれがどのような演奏を行っていたのか非常に興味深いところで,どんな映像が視聴できることになるのか,非常に楽しみです。
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第9番「合唱」 <1989.12.25>
      • ジューン・アンダーソン(ソプラノ),
        サラ・ウォーカー(メゾ・ソプラノ),
        クラウス・ケーニヒ(テノール),
        ヤン=ヘンドリク・ローテリンク(バス),
        バーンスタイン指揮,バイエルン放送響&合唱団,
        ドレスデン・シュターツカペレ団員,
        キーロフ管団員,ロンドン響団員,
        ニューヨークフィル団員,パリ管団員,
        ベルリン放送合唱団員,ドレスデンフィル児童合唱団
      • 独EUROARTS 2072039 (DVD)

2072039

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.27

ゲルギエフ指揮,ロンドン響のブラームスの交響曲第3,4番

 ロンドン響は自主制作の録音をのリリースに積極的で,しかもSACDハイブリッド盤でリリースし続けており,私のようなSACD贔屓にとっては大変嬉しい 限りなのですが,新譜として,首席指揮者のゲルギエフとのブラームスの交響曲第3番と第4番ライヴ録音が発売になりました。

 ゲルギエフとロンドン響のブラームスというと,昨年,交響曲第1番と第2番,悲劇的序曲,ハイドン変奏曲をカップリングした2枚組が発売されており,さらに今年になって,ドイツ・レクイエムが発売になっていたところですが,今回の録音も楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • ブラームス
    • 交響曲第3番 <2012.12.11 & 18>
    • 交響曲第4番 <2012.12. 12 & 19>
      • ゲルギエフ指揮,ロンドン響
      • 英ロンドン響 LSO 0737 (SACD Hybrid)

LSO 0737

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.26

ALTUSのチェリビダッケ指揮,フランス国立放送管のライヴ録音3点(第3弾)

 今年の1月28日のこの欄と5月18日のこの欄に,ALTUSレーベルから発売された,チェリビダッケがフランス国立放送管の首席客演指揮者だった時代 (1973~75年)のライヴ録音について書き込んでいたところですが,さらに3点のライヴ録音が発売になりました。今回もシャンゼリゼ劇場で行われた演奏会で,INA(フランス国立オーディオビジュアル研究所)の音源からのCD化です。

 1点目は,1973年12月30日のライヴ録音で,ウェーベルン編のシューベルトの6つのドイツ舞曲,シューベルトの交響曲第5番,それからウィンナ・ワルツが5曲です。これらはCD-R(米WORLD MUSIC EXPRESS : WME S CDR 1154/5)で発売されていたことがありました。また,シューベルトの交響曲第5番はCD(伊ARKADIA : MP 489.1)でも発売されていました。

 2点目は,1974年2月22日のライヴ録音のモーツァルトのレクイエムです。これもCD-R(米WORLD MUSIC EXPRESS : WME S CDR 1086)が発売されていました。

 3点目は,1974年2月27日のライヴ録音で,ウェーバーの「魔弾の射手」序曲,ハイドンの交響曲第102番,シューマンの交響曲第2番の3曲です。これらは全て初出と思われます。

 今回発売の3点も,初出または入手難の録音ばかりであり,それが正規音源から発売になるということは,狂喜すべきリリースであり,あとは楽しみに聴かせてもらおうと思っています。あとはこの録音が「なんちゃってハイレゾ」のSACDで発売されることがないよう祈るのみです。
  • シューベルト(ウェーベルン編)
    • 6つのドイツ舞曲
  • シューベルト
    • 交響曲第5番
  • ヨハン・シュトラウス2世
    • 喜歌劇「こうもり」序曲
    • ワルツ「ウィーンの森の物語」
    • フィガロ・ポルカ
    • ピツィカート・ポルカ
    • トリッチ・トラッチ・ポルカ
    • 皇帝円舞曲
      • チェリビダッケ指揮,フランス国立放送管 <1973.12.30>
      • ALTUS ALT 295
  • モーツァルト
    • レクイエム
      • アーリーン・オジェー(ソプラノ),
        グーリ・プレスナー(アルト),
        アダルベルト・クラウス(テノール),
        ロジェ・ソワイエ(バス),
        チェリビダッケ指揮,フランス国立放送管&合唱団 <1974.2.22>
      • ALTUS ALT 296
  • ウェーバー
    • 歌劇「魔弾の射手」序曲
  • ハイドン
    • 交響良く第102番
  • シューマン
    • 交響曲第2番
      • チェリビダッケ指揮,フランス国立放送管, <1974.2.27>
      • ALTUS ALT 297

ALT 295 ALT 296 ALT 297

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.25

GRAND SLAMのワルターの田園の3度目のリリース

 LP,SP,放送音源,オープンリールテープ・ソフトなどの様々なメディアから貴重な録音のCD復刻を行っている,平林直哉氏主宰のレーベル,GLAND SLAMの新譜で,ブルーノ・ワルター指揮,コロンビア響のベートーヴェンの「田園」が発売になりました。

 実は,GLAND SLAMでは,これまでワルター指揮コロンビア響の「田園」については,オリジナルLPからの復刻(GS-2035),4トラック:19cm/sのテープからの復刻(GS-2055)の2回発売されており,実は今回が3回目になります。

 そして3度目となる今回の復刻に用いた音源は,オリジナルマスターテープと同等のフォーマットである,2トラック:38cm/s(いわゆる2トラ38)のテープからの復刻です。音源の由来については明かではなく,プライベート・アーカイヴとのみ記載されています。

 その音質については,製作者の平林直哉氏もこれ以上は有り得ない素材からの復刻であると自画自賛なのですが,実際に聴いてみると,柔らかな質感の,大変耳に心地良い音質です。そして何より,この音質はLP時代から聴き慣れたワルターの演奏,ワルターの録音のイメージの延長にあり,ついにこれだけの音質で聴けるようになったのかとの思いがします。

 しかしながら,現在のハイレゾやSACDを聴き慣れた耳からすると,響きは心地良いものの,解像度は曖昧で,音像の再現は望むべくもなく,空間を再現しうる音の情報量は無く,録音会場のレゾナンスの再現も全くできていません。要するに全くハイフィデリティではない音質です。

 それに対して,この録音のSACD(SRGR 707)を聴いてみると,目の前で演奏が再現されているかのような解像度があり,各楽器の音像は明瞭で,空間の広がりも良好に再現され,演奏会場のレゾナンスも正確に再現されています。要するに,オリジナルマスターに記録されている音はこのようなものではないかと思われます。

 なので,ハイフィデリティという尺度では,絶対にSACDを聴くべきだと思いますが,しかしながら,それが音質評価の尺度として唯一絶対というわけでもないので,今回のGLAND SLAM盤の音質を愛好される方がおられても何ら不思議ではありませんし,この点については,各々がお好きな音盤をお聴きになればいいのではないでしょうか。

 ちなみに,私自身としては,SACDで聴ける音質の方を圧倒的に支持しているところであり,さらに言うなら,今回のGLAND SLAM盤の音質の魅力を認めないではありませんが,私はこういう音を愛でて悦に入るようなリスナーにはなりたくないと思っています。なお,SACD盤を聴いた感想については,かつて書き込んでいたことがあるので,よろしければご覧下さい。
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第6番「田園」 <1958.1.13,15,17>
      • ワルター指揮,コロンビア響
      • GRAND SLAM GS-2115
        実は・・・

GS-2115 復刻に使用した2トラ38のテープ
SRGR 707

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.24(2)

カザルス弦楽四重奏団のモーツァルトのハイドン弦楽四重奏曲

 1997年にマドリッドで結成されたカザルス弦楽四重奏団は,2000年のロンドン国際弦楽四重奏コンクールで優勝及びユーディ・メニューイン賞を獲得し,2002年ハンブルグのブラームス国際弦楽四重奏コンクールで優勝するなどのコンクール歴を有し,録音も仏ハルモニアムンディから継続的にリリースを行っており,今や,押しも押されもせぬ実力派のカルテットとして活躍しているところです。

 そのカザルス弦楽四重奏団の新譜として,今度はモーツァルトのハイドン弦楽四重奏曲から3曲を収録した1枚が発売になりました。今回は第14,16,19番が収録されています。

 モーツァルトの作品もカザルス弦楽四重奏団のレパートリーとして演奏されてきており,評価も高いようなので,今回の録音は待望のものですし,残る3曲も続けてリリースされることを期待したいところですが,まずは今回の3曲をじっくりと楽しませてもらおうと思っています。
  • モーツァルト
    • 弦楽四重奏曲第14番
    • 弦楽四重奏曲第16番
    • 弦楽四重奏曲第19番「不協和音」
      • カザルス弦楽四重奏団 <2013.9>
      • 仏HARMONIA MUNDI HMC 902186

HMC 902186

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.24

ポーランド国立ショパン協会の有能な若いピアニストを紹介する新シリーズ

 ポーランド国立ショパン協会では,ピリオド楽器の録音のシリーズと,モダン楽器の録音のシリーズと,ショパンコンクールのライヴ録音のシリーズ,ョパンと同世代の作曲家による音楽家のシリーズという4つのCDシリーズを精力的に発売してきており,その発売点数の多さゆえなかなか全点をフォローしきれないでいるのですが,さらに新しいシリーズとして有能な若いピアニストを紹介するシリーズがスタートしており,これまで2点のCDが発売になっています。

 1つは,ポーランドのピアニスト,マレク・ブラハ(Marek Bracha, 1986-)のショパンの作品集で,ブラハは2010年8月のチェコのショパン・コンクールで1位なしの2位となったした後,同年10月のワルシャワのショパン・コンクールに出場し,二次予選まで進んだものの,三次予選には進めませんでした。また,2011年には来日公演を行っており,好評を博したということです。今回の録音は,ブラハの将来性を買っての起用ということでしょうか。

 もう1つは,ポーランドのピアニスト,アレクサンドラ・シフィグト(Aleksandra Świgut, 1992-)で,ポーランド国内のショパン・コンクールでの3位入賞,エトリンゲン国際ピアノ・コンクールで2位,エンスヘーデ国際ピアノ・コンクールで第2位などの入賞歴があるということです。曲目はシューマンのチェロとピアノのための作品で,チェロを弾いているのはワルシャワ生まれのマルチン・ズドゥニク(Marcin Zdunik, 1987-)で,ルトスワフスキ国際チェロ・コンクールでグランプリを受賞しているとのことです。

 ポーランド国立ショパン協会の新譜リリースは,とどまることなく続いていますが,今回は前途有望な若手を押し出そうという,大変意欲的ともいえる取り組みであり,肝心の演奏も興味深く聴かせてもらおうと思っています。
  • ショパン
    • 3つのエコセーズ 作品73の3
    • ポロネーズ第6番「英雄」
    • マズルカ第10~13番 作品17
    • マズルカ第46~49番 作品68
    • バラード第1番
    • ワルツ第第2~4番 作品34
    • ポロネーズ第5番
      • マレク・ブラハ(ピアノ) <2012.10.18-19 & 28-31>
      • 波Narodowy Instytut Fryderyka Chopina NIFCCD 700
        実は・・・
  • シューマン
    • アダージョとアレグロ 変イ長調 作品70
    • 幻想小曲集 作品73
    • 3つのロマンス 作品94
    • 民謡風の5つの小品 作品102
    • おとぎの絵本 作品113
      • マルチン・ズドゥニク(チェロ),
        アレクサンドラ・シフィグト(ピアノ) <2013.5.27-29 & 9.3-5>
      • 波Narodowy Instytut Fryderyka Chopina NIFCCD 701
        実は・・・

NIFCCD 700 NIFCCD 701

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.23

ムーザ・ルバツキーテのグレート・リトアニア・ライヴ・レコーディングス

 ムーザ・ルバツキーテ(Mūza Rubackytė, 1959-)というリトアニアの女流ピアニストをご存知でしょうか。音楽家の一家に生まれ,7歳でリトアニア国立室内管とハイドンのピアノ協奏曲を演奏し,13歳でソ連のヤング・アーチスト・コンペティションで1位となり,ヴィリニュスのリトアニア音楽演劇アカデミー,パリのラフマニノフ音楽院,モスクワ音楽院に学んだ後,演奏活動を行うことになりますが,ソ連時代は共産圏での活動に限られていました。

 ソ連邦崩壊後は,パリとビリニュスを拠点に演奏活動を行っており,録音も仏LYLINXとの一連のリスト作品等のシリーズを皮切りに,香港MARCO POLOとNAXOSのチョルリョーニス,廉価レーベルの蘭Brilliant Classicsのフランクとショスタコーヴィチなどがリリースされていたところです。

 さらに,スイスのDORONレーベルから発売されている,グレート・リトアニア・ライヴ・レコーディングというシリーズから,これまでルバツキーテのライヴ録音が4点発売されています。

 発売の新しい順にいくと,1つ目は,最近発売になったばかりのサン=サーンスのピアノ協奏曲,2つ目はショスタコーヴィチのプロコフィエフとシュニトケのピアノ協奏曲,3つ目はリストの2曲のピアノ協奏曲とベートーヴェンの「アテネの廃墟」幻想曲,4つ目はベートーヴェンのトリプルコンチェルトと合唱幻想曲です。

 ルバツキーテの知名度は必ずしも高くないかもしれませんが,独自の響きと語り口を有した,個性的なピアニストとして拝聴してきたところであり,今回のDORONの協奏曲録音も楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • サン=サーンス
    • ピアノ協奏曲第2番 <2001.12.1>
      • ルバツキーテ(ピアノ),
        ハンス=マルティン・シュナイト指揮,リトアニア国立フィル
    • ピアノ協奏曲第5番「エジプト風」 <2013.3.16>
      • ルバツキーテ(ピアノ),
        アラン・パリス指揮,リトアニア国立フィル
      • 瑞西DORON DRC 3065
        実は・・・
  • ショスタコーヴィチ
    • ピアノ協奏曲第2番 <2007.12.4>
      • ルバツキーテ(ピアノ),
        ステファン・ラーノ指揮,リトアニア国立響
  • プロコフィエフ
    • ピアノ協奏曲第3番 <1997.2.18>
      • ルバツキーテ(ピアノ),
        ミハエル・クリスティ指揮,リトアニア国立響
  • シュニトケ
    • ピアノ協奏曲 作品136 <2010.9.25>
      • ルバツキーテ(ピアノ),
        モデスタス・ピトレナス指揮,リトアニア国立響
      • 瑞西DORON DRC 3061
        実は・・・
  • リスト
    • ピアノ協奏曲第1番 <2002.99>
      • ルバツキーテ(ピアノ),
        ステファン・ラーノ指揮,リトアニア国立響
    • ベートーヴェンの「アテネの廃墟」のモチーフによる幻想曲 <2009.3.12>
      • ルバツキーテ(ピアノ),
        イマンツ・レスニス指揮,リエパーヤ響
    • ピアノ協奏曲第2番 <2006.3.26>
      • ルバツキーテ(ピアノ),
        デイヴィッド・アンガス指揮,フランダース響
      • 瑞西DORON DRC 3053
        実は・・・
  • ベートーヴェン
    • 三重協奏曲
    • 合唱幻想曲
      • ルバツキーテ(ピアノ),
        マイケル・ルドウィグ(ヴァイオリン),
        ラースロ・フェニェー(チェロ),
        ジョアン・ファレッタ指揮,リトアニア国立響,
        カウナス国立合唱団 <2009.11.7>
      • 瑞西DORON DRC 3032
        実は・・・

DRC 3065 DRC 3061
DRC 3053 DRC 3032

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.22

ヴァーツラフ・ノイマン・アーリー・レコーディングス

 チェコの名指揮者,ヴァーツラフ・ノイマン(Vaclav Neumann, 1920-1995)は,その長い指揮者のキャリアの中で数多くのレコーディングを行いましたが,若年期から円熟期に至る長期に亘って録音を行ったのが他でもないスプラフォン・レーベルであり,今なお未CD化の音源も相当にあるのではないかと思われます。

 そのノイマンのスプラフォン録音の中にあっても,特にCD化が遅れているのは30~40代の頃の比較的若い時期の録音なのですが,これらの初期録音を収録した6枚組ボックスが発売になりました。

 収録内容は下記のとおりですが,チェコの作品に限らず,幅広いレパートリーを録音しており,意外とモダンな側面を有しているノイマンらしいという気もしますが,肝心の演奏も楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • ドヴォルザーク
    • 交響曲第1番「ズロニツェの鐘」 <1957.2.13-15>(初CD化)
    • 交響曲第4番 <1959.11.4 & 6>(初CD化)
    • 交響曲第2番 <1958.4.9-12>(初CD化)
      • ノイマン指揮,プラハ響
    • ロンド ト短調 作品94 <1958.4.17>(初CD化)
      • ヨゼフ・フッフロ(チェロ),ノイマン指揮,プラハ響
  • グリーグ
    • 抒情組曲 作品54 <1961.3.20-21 & 30-31>(初CD化)
      • ノイマン指揮,プラハ響
  • チャイコフスキー
    • 四季 <1953.10.26-27>(初CD化)
      • ノイマン指揮,映画交響楽団
  • グリーグ
    • 「ペール・ギュント」組曲第1番 <1961.3.20-21 & 30-31>
    • 「ペール・ギュント」組曲第2番 <1961.3.20-21 & 30-31>
      • ノイマン指揮,プラハ響
  • ルーセル
    • 交響曲第3番 <1963.11.4-6>
    • バレエ組曲「バッカスとアリアーヌ」第2組曲 <1963.12.13-15>
      • ノイマン指揮,ブルノ国立響
  • メシアン
    • 異国の鳥たち <1966.11.18-22>
    • 鳥たちの目覚め <1966.11.18-22>
      • イヴォンヌ・ロリオ(ピアノ),ノイマン指揮,チェコフィル
  • シューベルト
    • 交響曲第3番 <1966.2.28 & 3.2>
    • 交響曲第8番「未完成」 <1966.2.9 & 11>
      • ノイマン指揮,チェコフィル
  • ウラディミール・ソムメル
    • 声楽交響曲 <1964.12.11-14>
      • ヴィエラ・ソウクポヴァー(アルト),
        ノイマン指揮,チェコフィル&合唱団
  • マーラー
    • 亡き子をしのぶ歌 <1962.12.3-5>
    • さすらう若人の歌 <1962.12.3-5>
    • 美しいトランペットが鳴り響くところ <1962.12.3-5>
  • パヴェル・ボルコヴェツ
    • シレンティウム・トゥルバトゥム <1965.8.31-9.1>(初CD化)
      • ヴィエラ・ソウクポヴァー(アルト),
        ノイマン指揮,チェコフィル
  • ドヴォルザーク
    • 夜想曲 作品40 <1968.9.12>
      • ノイマン指揮,プラハ響
      • 捷克SUPRAPHON SU 4133-2 (6CD)
        実は・・・

SU 4133-2
(2014年8月31日追記)
 この書込みの後,掲示板で指摘があり,初CD化としていたドヴォルザークの交響曲第1,4,2番の3曲は,20年くらい前に独CANTUS CLASSICSからCD化されていたとのことです。
  • 第1番:CACD 8.00108 D
  • 第2番:CACD 8.00113 D
  • 第4番:CACD 8.00131 D
そのため,初CD化の表記を(初CD化)と修正させていただきました。ちなみに,私が初CD化であると判断した理由は,今回のCDパッケージにそのように表記されていたからでした。

 いずれにしても,正しくない表記となっておりましたので,謹んで訂正させていただきますとともに,掲示板でのご指摘に感謝申し上げます。


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.21

ギルバート・カリッシュのハイドン,ベートーヴェン,シューベルト

 アメリカのピアニスト,ギルバート・カリッシュ(Gilbert Kalish, 1935-)は,長らくボストン交響楽団チェンバー・プレイヤーのメンバーとして演奏活動を行っていたほか,古典から現代音楽に至る幅広いレパートリーを持ち,中でもアイヴズ,クラム,カーター,ラルフ・シャピーといったアメリカ現代音楽作品の演奏に積極的で,録音も数多くリリースされているところです。

 そのギルバート・カリッシュの新譜として,ハイドン,ベートーヴェン,シューベルトの作品を収録した1枚が発売になりました。これは昨年12月に録音されたもので,78歳の演奏が聴けるということになりますが,これらの古典派からロマン派に懸けての作品をどのように演奏しているのか,楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • ハイドン
    • ピアノ・ソナタ第52(62)番 Hov.XVI:52
  • ベートーヴェン
    • バガテル 作品119
  • シューベルト
    • ピアノ・ソナタ第21番
      • ギルバート・カリッシュ(ピアノ) <2013.12.19>
      • 米BRIDGE 9428
        実は・・・

9428

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.20

バレンボイムのシューベルトのピアノ・ソナタ集

 今年72歳になるバレンボイムは,現役ピアニストとして演奏活動を続けているところですが,新譜で,シューベルトのピアノ・ソナタを収録した5枚組が発売になりました。

 バレンボイムは,これまでもシューベルトの作品の演奏を行ってきたところですが,ピアノ・ソナタの録音となると,第21番があった程度でしたので,今回の11曲ものピアノ・ソナタの録音は,予期していなかった新譜でもあるのですが,なにはともあれ,どんな演奏を行っているのか楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • シューベルト
    • ピアノ・ソナタ第4番
    • ピアノ・ソナタ第7番
    • ピアノ・ソナタ第9番
    • ピアノ・ソナタ第13番
    • ピアノ・ソナタ第14番
    • ピアノ・ソナタ第16番
    • ピアノ・ソナタ第17番
    • ピアノ・ソナタ第18番
    • ピアノ・ソナタ第19番
    • ピアノ・ソナタ第20番
    • ピアノ・ソナタ第21番
      • バレンボイム(ピアノ) <2013.1 & 2014.2>
      • 独GRAMMOPHON 479 2783 (5CD)

479 2783

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.19

カラヤンのEMI録音のリマスターSACD盤

 EMI(現ワーナー)では,所蔵する音源のハイレゾによるリマスタリングを鋭意進めているところで,すでに国内盤ではSACDハイブリッド盤や音匠仕様SACDシングルレイヤで発売されているところですが,新たにカラヤンの録音を収録したSACDハイブリッド盤が一挙に20点も発売になりました。

 収録されている録音は,戦後間もない時期のSP録音から,1970年代のアナログ末期に至るもので,オーケストラも,ウィーンフィル,フィルハーモニア管,ベルリンフィルの3つを指揮しているのですが,モノーラル末期からステレオ初期のフィルハーモニア管との録音が最も多くなっています。

 これらはLP時代から広く聴き継がれてきたものですが,後年,もっと新しい録音が行われた作品も少なくなく,すっかり廉価盤アイテムとなっていた感もあるのですが,今回新たに96kHz/24bitマスタリングを行ったことで音質も一新し,再びフルプライスで発売になりました。

 これらの音源は先行してハイレゾ音源がダウンロード販売もされているところですが,個人的にはフィジカルな音盤であるSACDでの発売がやはり嬉しく,改めてこれらカラヤンの名録音をじっくり堪能させてもらおうと思っています。

  • ベートーヴェン
    • 交響曲第9番「合唱」 <1955.7.24-29>
      • シュヴァルツコップ(ソプラノ),マルガ・ヘフゲン(アルト),
        ヘフリガー(テノール),オットー・エーデルマン(バス),
        カラヤン指揮,フィルハーモニア管,
        ウィーン楽友協会合唱団
    • 交響曲第8番 <1955.5.20>
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管
      • WARNER CLASSICS WPCS-12678/9 (2SACD Hybrid)
  • ワルトトイフェル
    • スケーターズ・ワルツ <1960.9.21&23>
  • ヨハン・シュトラウス2世
    • トリッチ・トラッチ・ポルカ <1960.9.24>
  • ヨハン・シュトラウス1世
    • ラデツキー行進曲 <1960.9.24>
  • シャブリエ
    • 狂詩曲「スペイン」 <1960.9.23-24>
    • 楽しい行進曲 <1960.9.23>
  • ヨハン・シュトラウス2世
    • ポルカ「雷鳴と電光」 <1960.9.24>
  • スッペ
    • 喜歌劇「軽騎兵」序曲 <1960.9.21>
  • ワインベルガー
    • 歌劇「バグパイプ吹きのシュワンダ」~ポルカ <1960.9.23>
  • オッフェンバック
    • 喜歌劇「天国と地獄」序曲 <1960.9.23>
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管
      • WARNER CLASSICS WPCS-12680 (SACD Hybrid)
  • ヴェルディ
    • 歌劇「アイーダ」第2幕第2場~バレエ音楽 <1960.9.21>
  • ムソルグスキー
    • 歌劇「ホヴァンシチナ」~ペルシャの奴隷たちの踊り <1960.9.23>
  • ボロディン
    • 歌劇「イーゴリ公」~だったん人の娘たちの踊り <1960.922>
    • 歌劇「イーゴリ公」~だったん人の踊り <1960.9.22>
  • ポンキエルリ
    • 歌劇「ジョコンダ」~時の踊り <1960.9.22-23>
  • ワーグナー
    • 歌劇「タンホイザー」~ヴェーヌスベルクの音楽 <1960.9.23>
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管
      • WARNER CLASSICS WPCS-12681 (SACD Hybrid)
  • プッチーニ
    • 歌劇「マノン・レスコー」第3幕間奏曲 <1959.1.3>
  • ヴェルディ
    • 歌劇「椿姫」第3幕への前奏曲 <1959.1.3>
  • レオンカヴァッロ
    • 歌劇「道化師」間奏曲 <1959.1.2-3>
  • マスカーニ
    • 歌劇「友人フリッツ」間奏曲 <1959-1.2-3>
  • フランツ・シュミット
    • 歌劇「ノートル・ダム」間奏曲 <1959.1.6>
  • ベルリオーズ
    • 歌劇「トロイ人」~第2部第4幕間奏曲「王の狩りと嵐」 <1959.1.1.5-6>(
  • ムソルグスキー
    • 歌劇「ホヴァンシチナ」第4幕間奏曲 <1959.1.3>
  • オッフェンバック
    • 歌劇「ホフマン物語」~舟歌 <1959.1.5-6>
  • グラナドス
    • 歌劇「ゴイエスカス」間奏曲 <1959.1.3&5>
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管,
        フィルハーモニア合唱団(
      • WARNER CLASSICS WPCS-12682 (SACD Hybrid)
  • レスピーギ
    • 交響詩「ローマの松」 <1958.1.10&13>
  • ベルリオーズ
    • 序曲「ローマの謝肉祭」 <1958.1.9>
  • リスト
    • 交響詩「前奏曲」 <1958.1.17>
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管
      • WARNER CLASSICS WPCS-12683 (SACD Hybrid)
  • シベリウス
    • 交響曲第2番 <1960.3.28-29>
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管
      • WARNER CLASSICS WPCS-12684 (SACD Hybrid)
  • シベリウス
    • 交響曲第5番 <1960.9.20,21&23>
    • 交響詩「フィンランディア」 <1959.1.5-6>
  • ムソルグスキー(ラヴェル編)
    • 組曲「展覧会の絵」 <1955.10.11-12 & 1956.6.18>
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管
      • WARNER CLASSICS WPCS-12685 (SACD Hybrid)
  • モーツァルト
    • セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 <1959.12.30-31>
      • カラヤン指揮,ベルリンフィル
    • アヴェ・ヴェルム・コルプス <1955.7.28>
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管,
        ウィーン楽友協会合唱団
    • 4つのドイツ舞曲 K602~第3曲「辻音楽師」 <1960.11.9-11>
    • 6つのドイツ舞曲 K600~第5曲「カナリア」 <1960.11.9-11>
    • 3つのドイツ舞曲 K605~第3曲「そり滑り」 <1958.1.9>
  • ヘンデル(ハーティ編)
    • 組曲「水上の音楽」 <1959.12.30-31>
      • カラヤン指揮,ベルリンフィル
      • WARNER CLASSICS WPCS-12686 (SACD Hybrid)
  • ワーグナー
    • 楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死
    • 歌劇「タンホイザー」序曲
    • 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲 <以上,1957.1.7-8>
  • シューマン
    • 交響曲第4番 <1957.2.18-19>
      • カラヤン指揮,ベルリンフィル
      • WARNER CLASSICS WPCS-12687 (SACD Hybrid)
  • バルトーク
    • 弦楽器,打楽器とチェレスタのための音楽 <1960.11.9-11>
  • ヒンデミット
    • 交響曲「画家マティス」 <1957.11.28-29>
      • カラヤン指揮,ベルリンフィル
      • WARNER CLASSICS WPCS-12688 (SACD Hybrid)
  • モーツァルト
    • 交響曲第29番 <1960.2.29 & 3.1>
      • カラヤン指揮,ベルリンフィル
    • 交響曲第38番「プラハ」 <1958.9.16-17>
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管
  • シューベルト
    • 交響曲第5番 <1958.5.19-20>
      • カラヤン指揮,ベルリンフィル
      • WARNER CLASSICS WPCS-12689 (SACD Hybrid)
  • チャイコフスキー
    • 交響曲第4番
      • カラヤン指揮,ベルリンフィル <1960.2.29 & 3.1>
      • WARNER CLASSICS WPCS-12690 (SACD Hybrid)
  • ウェーバー
    • 歌劇「魔弾の射手」序曲
  • ワーグナー
    • 歌劇「さまよえるオランダ人」序曲
    • 歌劇「ローエングリン」第1幕への前奏曲
  • オットー・ニコライ
    • 歌劇「ウィンザー公の陽気な女房たち」序曲
  • メンデルスゾーン
    • 序曲「フィンガルの洞窟」
      • カラヤン指揮,ベルリンフィル <1960.9.16-19>
      • WARNER CLASSICS WPCS-12691 (SACD Hybrid)
  • ドヴォルザーク
    • 交響曲第9番「新世界より」 <1957.11.28-29>
  • スメタナ
    • 交響詩「モルダウ」 <1958.5.18-20>
      • カラヤン指揮,ベルリンフィル
      • WARNER CLASSICS WPCS-12692 (SACD Hybrid)
  • ブルックナー
    • 交響曲第7番 <1970.10 & 1971.2>
      • カラヤン指揮,ベルリンフィル
      • WARNER CLASSICS WPCS-12693 (SACD Hybrid)
  • ビゼー
    • 「アルルの女」第2組曲
  • シャブリエ
    • 狂詩曲「スペイン」
  • グノー
    • 歌劇「ファウスト」~バレエ音楽
  • ベルリオーズ
    • 劇的物語「ファウストの劫罰」~ハンガリー行進曲
      • カラヤン指揮,ベルリンフィル <1978.12 & 1979.1>
      • WARNER CLASSICS WPCS-12695 (SACD Hybrid)
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第8番 <1946.9.13-15>
  • モーツァルト
    • 歌劇「フィガロの結婚」序曲 <1946.10.21>
  • レズニチェク
    • 歌劇「ドンナ・ディアナ」序曲 <1947.12.8>
  • ヨーゼフ・シュトラウス
    • ワルツ「トランスアクティオーネン」 <1949.10.20>
    • ワルツ「うわごと」 <1949.10.24>
  • ヨハン・シュトラウス2世
    • ワルツ「酒・女・歌」 <1949.10.20>
    • トリッチ・トラッチ・ポルカ <1949.10.18>
    • ワルツ「ウィーン気質」 <1949.10.24>
  • モーツアルト
    • クラリネット協奏曲 <1949.11.7-8>(
    • フリーメーソンのための葬送音楽 <1947.12.13>
    • アダージョとフーガ ハ短調 K546 <1947.12.3>
  • R・シュトラウス
    • メタモルフォーゼン <1947.10.27-28 & 11.3>
      • カラヤン指揮,ウィーンフィル,
        ウラッハ(クラリネット:
      • WARNER CLASSICS WPCS-12696/7 (2SACD Hybrid)
  • ブラームス
    • ドイツ・レクイエム <1947.10.20-22 & 27-29>
      • シュヴァルツコップ(ソプラノ),ホッター(バリトン),
        カラヤン指揮,ウィーンフィル,ウィーン楽友協会合唱団
      • WARNER CLASSICS WPCS-12698 (SACD Hybrid)
  • モーツァルト
    • 協奏交響曲 変ホ長調 K297b <1953.11.17-18>
      • シドニー・サトクリフ(オーボエ),
        バーナード・ウォルトン(クラリネット),
        デニス・ブレイン(ホルン),
        セシル・ジェイムズ(ファゴット),
        カラヤン指揮,フィルハーモニア管
    • セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 <1953.11.18>
    • 交響曲第39番 <1955.7.10 & 10.10-11>
    • ディヴェルティメント第15番 <1952.4.28 & 5.2, 1955.5.28-29>
    • 交響曲第35番「ハフナー」 <1952.11.25 & 12.1, 1954.11.6, 1955.5.28-29>
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管
  • ベートーヴェン
    • 演奏会用アリア「ああ,不実なる者よ」作品65
    • 歌劇「フィデリオ」~悪者よ,どこへ行くのだ
    • 歌劇「フィデリオ」~来たれ,希望よ <以上,1954.9.20>
      • シュヴァルツコップ(ソプラノ),
        カラヤン指揮,フィルハーモニア管
      • WARNER CLASSICS WPCS-12699/700 (2SACD Hybrid)
  • ブリテン
    • フランク・ブリッジの主題による変奏曲 <1953.11.10 & 23>
  • ヴォーン・ウィリアムズ
    • タリスの主題による幻想曲 <1953.11.11 & 23>
  • ルーセル
    • 交響曲第4番 <1949.11.22 & 28-29>
  • バラキレフ
    • 交響曲第1番 <1949.11.18, 21-22>
  • ストラヴィンスキー
    • バレエ「カルタ遊び」 <1952.5.3-5>
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管
      • WARNER CLASSICS WPCS-12701/2 (2SACD Hybrid)

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.18

ダネル弦楽四重奏団のヴァインベルクの弦楽四重奏曲全集

 独CPOレーベルは,録音機会の少ない,知られざる作品の録音を精力的にリリースしているレーベルですが,リリースの方法で特徴的なこととして,最初は1枚ずつリリースしていき,全集録音が出揃ったところで廉価な全集ボックスで再リリースすることがあります。

 そういった形で最近発売された全集ボックスに,モイセイ(ミェチスワフ)・ヴァインベルク(Moisei Wainberg [Mieczysław Wajnberg], 1919-1996)の弦楽四重奏曲全集の6枚組があります。これは2006年から2009年にかけて録音されたもので,単売CDは2007年から2012年にかけて発売されていました。

 演奏しているダネル弦楽四重奏団は,1991年の結成で,特に近現代の作品を数多く録音しており,近年,急速に注目度が上がっているヴァインベルグの弦楽四重奏曲についても,どんな作品&演奏になっているのか楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • ミェチスワフ・ヴァインベルク
    • 弦楽四重奏曲第1~17番
      • ダネル弦楽四重奏団 <2006-2009>
      • 独CPO 777 913-2 (6CD)

777 913-2

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.17

マゼール指揮,ウィーンフィルのチャイコフスキーとシベリウスの交響曲全集ほか

 先月13日に84歳で亡くなったロリン・マゼールは,生涯に亘って大量の録音を残しましたが,1960年代から70年代にかけては英DECCAに録音を行っており,最初はウィーンフィルを,1972年にクリーヴランド管の音楽監督となってからは同管を指揮しての録音が多いのですが,ウィーンフィルとの録音で代表的なものというと,チャイコフスキーとシベリウスの交響曲全集がありました。

 この2つの全集録音は,マゼールの個性的な演奏を聴くことができるものとして,繰り返し発売されてきたものですが,この両全集を収録した9枚組ボックスが発売になりました。さらにカップリングとして,R・シュトラウスの「ドン・ファン」と「死の変容」が収録されています。

 こういった内容の録音だと,今さら再発売されてもすでに所蔵していて入手するまでもないと言いたいところですが,実はどちらも未入手だったので,今回の発売を機に入手してきました。これらもマゼールの代表的な録音の1つと言えるものではないかと思いますし,個性的な演奏を楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • チャイコフスキー
    • 交響曲第1番「冬の日の幻想」 <1964.9>
    • 交響曲第2番「小ロシア」 <1964.9>
    • 交響曲第3番「ポーランド」 <1964.9>
    • 交響曲第4番 <1963.9-1964.10>
    • 交響曲第5番 <1963.9-1964.10>
    • 交響曲第6番「悲愴」 <1964.4>
    • マンフレッド交響曲 <1971.4>
    • 幻想序曲「ロメオとジュリエット」 <1965.5>
    • 幻想序曲「ハムレット」 <1965.5>
  • R・シュトラウス
    • 交響詩「ドン・ファン」 <1964.4>
    • 交響詩「死と変容」 <1964.4>
  • シベリウス
    • 交響曲第1番 <1963.9>
    • 交響曲第2番 <1964.6>
    • 交響曲第3番 <1968.3-4>
    • 交響曲第4番 <1968.3-4>
    • 交響曲第5番 <1966.3>
    • 交響曲第6番 <1968.3-4>
    • 交響曲第7番 <1966.3>
      • マゼール指揮,ウィーンフィル
      • 伊DECCA 0289 482 0828 9 (9CD)
        実は・・・

0289 482 0828 9

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.16(2)

Analogue ProductionsのRCAリヴィング・ステレオのSACDの新譜2点

 米国内にあるオリジナル・マスターテープから独自に復刻を行って,LPやSACDを制作している,米アナログプロダクションでは,現在RCAリヴィングステレオのSACD化を進行中で,全部で25点のリリースが計画されており,これまで4点が発売されていたのですが,新たに2点が発売になりました。

 2点ともライナー指揮,シカゴ響の録音で,1つは,プロコフィエフの「キージェ中尉」と,ストラヴィンスキーの「夜うぐいすの歌」,もう1つはTHE REINER SOUNDというタイトルのアルバムで,ラヴェルのスペイン狂詩曲,亡き王女のためのパヴァーヌ,ラフマニノフの「死の島」が収録されています。いずれも初出LPと同一の収録内容となっています。

 これらのうち,本家の米RCAからSACD化されているのは,ストラヴィンスキーの「夜うぐいすの歌」だけで,他は初めてSACDの高音質で聴けるようになりました。また,ジャケット・デザインについては,初出LPを忠実に再現しています。

 音質については,本家RCAのSACDと比べても,ヒスノイズレベルも低く,音像のピントは明快で,空間の 再現も良く,反応の良いリアリティのある音質であり,この音質なら現代のハイレゾの音を聴き慣れた耳でも違和感なく聴けるのではないかと思っているところです。ただし,音源の経年変化はいかんともしがたく,音がかすれたり,フォルテでサチったりするところが散見されます。

 このシリーズは個人的にも大変楽しみにしているものであり,今回も高音質での名演を堪能しようと思っていますが,続編も順調にリリースされてほしいものですね。
  • プロコフィエフ
    • 組曲「キージェ中尉」 <1956.11.3>
  • ストラヴィンスキー
    • 交響詩「夜うぐいすの歌」 <1957.3.2>
      • ライナー指揮,シカゴ響 <1957.12.7>
      • 米ANALOG PRODUCTIONS CAPC 2150 SA (SACD Hybrid)
  • ラヴェル
    • スペイン狂詩曲 <1956.11.3>
    • 亡き王女のためのパヴァーヌ <1957.3.2>
  • ラフマニノフ
    • 交響詩「死の島」 <1957.4.13>
      • ライナー指揮,シカゴ響 <1960.2.27>
      • 米ANALOG PRODUCTIONS CAPC 2183 SA (SACD Hybrid)

CAPC 2150 SA CAPC 2183 SA

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.16

カルロス・パイタのブルックナー4番

 いわゆる爆演系と言われる指揮者の中でも,別格の存在であるカルロス・パイタ(Carlos Paita, 1932- or 1937-)は,自身のためのレーベルといえるスイスのLODIAレーベルから,他社の音源も集約してCDを発売しているのですが,久しく新譜のリリースが途絶えていたところ,2010年になって2点の新譜が発売されさらに先月にはR・シュトラウスの「英雄の生涯」が発売されていました

 この「英雄の生涯」と同時に発売予告されていた,ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」の方もようやく発売になりました。今回もオーケストラはフィルハーモニック交響楽団と記載されていますが実体は不明です。その他の演奏データの記載はありませんが,ライヴ録音だということです。

 パッケージを見ただけでも,パイタのCDらしいアヤしい雰囲気に満ちていますが,もしかすると,これまでのパイタのCD路線を継承するため意図的にそう しているのかもしれません。いずれにしても,これはパイタの新譜を鶴首しているファンにとっては実に有り難いリリースではないでしょうか。

 なお,パイタのことを詳しくご存じでない方は,ぜひカルロス・パイタの楽園をご覧いただきたいのですが,私自身もいったいどんな演奏が聴けるのか非常に楽しみです。
  • ブルックナー
    • 交響曲第4番「ロマンティック」
      • カルロス・パイタ指揮,フィルハーモニック交響楽団
      • 瑞西LODIA CP 805

CP 805

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.15

ピエール=ロラン・エマールのバッハの平均律第1集

 ピエール=ロラン・エマール(Pierre-Laurent Aimard, 1957-)は,現在はドイツ・グラモフォンから録音をリリースしているところですが,新譜としてバッハの平均律クラヴィーア曲集第1集を収録した2枚組CDが発売になりました。

 エマールのバッハというと,すでにフーガの技法が発売されていて,大変に明晰で魅力的な演奏を聴くことができましたので,今回の演奏も非常に楽しみにしています。
  • バッハ
    • 平均律クラヴィーア曲集第1集
      • ピエール=ロラン・エマール(ピアノ) <2014.3>
      • 独GRAMMOPHON 479 2784 (2CD)

479 2784

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.14

内田光子の弾き振りによるモーツァルトのピアノ協奏曲第4弾

 内田光子は1991年のモーツァルト没後200年を前に,フィリップスにモーツァルトのピアノ・ソナタ全曲とピアノ協奏曲全曲の録音を行っており,これら全曲の代表的なCDとしての定評を得ているところですが,新たに自身の弾き振りによるモーツァルトのピアノ協奏曲の録音を開始しており,第1弾となる第23,24番と,第2弾となる第20,27番第3弾となる第9,21番が発売されていたところです。

 そのシリーズ第4弾となるCDが発売になりました。今回は第18番と第19番というギャラントな魅力に満ちた2曲の組み合わせです。オーケストラは前回までとと同じくクリーヴランド管です。

 近年の内田光子は以前にも増して思い入れの強い演奏を聴かせているように感じているところですが,加えて,より自然で妥当性の高い演奏になっているのではないかと思いますし,今回の録音でもどんな演奏が聴けるのか非常に楽しみです。
  • モーツァルト
    • ピアノ協奏曲第19番
    • ピアノ協奏曲第18番
      • 内田光子(指揮&ピアノ),クリーヴランド管 <2014.4.1-5>
      • 英DECCA 478 6763

478 6763

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.13

リサ・バティアシヴィリのバッハ

 グルジア出身の女流ヴァイオリニスト,リサ・バティアシュヴィリ( Lisa Batiashvili, 1979-)は,現在ではドイツ・グラモフォンから録音をリリースしているところですが,今度は,バッハの作品を演奏した1枚が発売になりました。

 収録内容は下記のとおりですが,協奏曲,ソロ,室内楽曲という編成の違いや,フランソワ・ル・ルーやエマニュエル・パユなどとの共演を聴くことのできる,大変バラエティに富んだ内容であり,バティアシヴィリの演奏ともども楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • バッハ
    • ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 BWV1060a
    • カンタータ第156番「わが片足は墓穴にありて」~シンフォニア
    • ヴァイオリン協奏曲第2番 BWV1042
      • リサ・バティアシヴィリ(ヴァイオリン),
        フランソワ・ル・ルー(オーボエ),
        ラドスワフ・ショルツ指揮,バイエルン放送響の室内管 <2013.12>
    • 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番 BWV1003
      • リサ・バティアシヴィリ(ヴァイオリン) <2014.1>
  • C・P・E・バッハ
    • トリオ・ソナタ ト短調 Wq143
      • リサ・バティアシヴィリ(ヴァイオリン),
        エマニュエル・パユ(フルート),
        セバスチャン・クリンガー(チェロ),
        ペーター・コフラー(チェンバロ) <2014.1>
  • バッハ
    • マタイ受難曲~第39曲アリア「憐れみ給え,わが神よ」
      • リサ・バティアシヴィリ(ヴァイオリン),
        ラドスワフ・ショルツ指揮,バイエルン放送響の室内管 <2013.12>
      • 独GRAMMOPHON 479 2479

479 2479

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.12

ニコラ・ベネデッティの「ホームカミング~スコットランド幻想曲」

 スコットランド出身の女流ヴァイオリニスト,ニコラ・ベネデッティ(Nicola Benedetti, 1987-)は,16歳のときにBBCヤング・ミュージシャン・オブ・ザ・イヤー優勝し,18歳で独グラモフォン(その後英デッカ)と録音契約を締結し, コンスタントにCDをリリースしているところですが,新譜として「ホームカミング~スコットランド幻想曲」というタイトルの1枚が発売になりました。

 収録されているのはブルッフのスコットランド幻想曲のほか,スコットランドの民謡を題材にした作品を収録しており,伴奏もピアノのほか,アコーディオン,ホイッスル,フィドル,ギター,ブズーキ,フルート,パーカッション,コントラバスなど多種多様です。

 今回の録音も,ニコラ・ベネデッティの真摯な演奏姿勢と,選曲の妙とが絶妙に絡み合った,大変魅力的な1枚ではないかと思いますし,肝心の演奏もじっくりと楽しませてもらおうと思っています。
  • ブルッフ
    • スコットランド幻想曲(A)
  • ロバート・バーンズ
    • 優しいキス(A)
    • 蛍の光変奏曲
    • いとしい人は赤いバラのよう(A)
  • ジェイムズ・スコット・スキナー
    • ハリケーン組曲(B)~
      • スペイン川の洪水
      • ハリケーン
    • エディンバラのディーン橋~川岸のホーンパイプ(C)
  • フィル・カニンガム
    • アバレディ(D)
  • ※マウス・ミュージック&チューン(E)
    • 伝承曲
      • フィンガルの避難小屋
    • フィル・カニンガム&イアイン・マクドナルド
      • アプロプリエイト・ディップスティック
    • 伝承曲
      • 靴を楽しめ
    • フィル・カニンガム
      • ホグティーズ
  • フィル・カニンガム
    • 私を覚ます優しい光り(F)
  • 伝承曲
    • おいで,愛しい人よ(G)
    • ボニー・バンクス・オー・ロッホ・ローモンド(A)
      • ニコラ・ベネデッティ(ヴァイオリン),
        ローリー・マクドナルド指揮,BBCスコティッシュ響(A),
        フィル・カニンガム(アコーディオン:B,C,D,E,G,ピアノ:F),
        ジュリー・ファウリズ(ヴォーカル:E,G,ホイッスル:G),
        アリー・ベイン(フィドル:F),
        ダンカン・チザム(フィドル:F),
        トニー・バーン(ギター:B,D,G),
        エイモン・ドーリー(ブズーキ:B,D,G),
        マイケル・マゴールドリク(フルート:F),
        ジェイムズ・マッキントッシュ(パーカッション:F),
        ユウエン・ヴァーナル(コントラバス:B,D,G) <2013.1.13-15 & 19-21>
      • 英DECCA 478 6690

478 6690

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.11

ロビン・ティチアーティ指揮,スコットランド室内管のシューマンの交響曲全集

 イタリア系英国人指揮者のロビン・ティチアーティ(Robin Ticciati, 1983-)は,サイモン・ラトルやコリン・デイヴィスに指揮を学び,2005年に22歳でリッカルド・ムーティの代役でミラノ・スカラ座を指揮し,これはスカラ座の指揮者の最年少記録となりました。

 その後,2006年にはイェブレ響の芸術監督兼首席指揮者,2009年にはスコットランド室内管の首席指揮者,2010年にはバンベルク響の首席客演指揮者,さらに今年の1月からはグラインドボーン音楽祭の音楽監督を務めるなど,まだ30歳だというのに,目覚ましい指揮活動を展開しています。
 録音についても,バンベルク響を指揮したものがスイスのTUDORから,スコットランド室内管を指揮したものが英LINNからリリースされているところですが,新譜として,スコットランド室内管とのシューマンの交響曲全集が発売になりました。嬉しいことにSACDハイブリッド盤です。

 これは当然ながら,室内オーケストラによるシューマンの交響曲の演奏ということになりますが,ここのところリリースの相次いでいるシューマンの交響曲録音の中にあっても一味違った名演が聴けることを期待したいですね。
  • シューマン
    • 交響曲第1番「春」
    • 交響曲第2番
    • 交響曲第3番「ライン」
    • 交響曲第4番
      • ロビン・ティチアーティ指揮,
        スコットランド室内管 <2013.11.25,26,30 & 12.1-3>
      • 英LINN RECORDS CDK 450 (2SACD Hybrid)

CKD 450

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.10

フリッチャイのDGコンプリート・レコーディングBOXの第1弾

 1日遅れになってしまいましたが,昨日(2014年8月9日)はハンガリー出身の名指揮者,フェレンツ・フリッチャイ(Ferenc Fricsay, 1914.8.9-1963.2.20)の生誕100年の日でした。

 フリッチャイは,白血病のため48歳の若さで亡くなってしまいましたが,SP録音末期からステレオ録音期にかけて,ドイツ・グラモフォン(DG)のメインの指揮者として数多くの録音が残されています。

 これらのフリッチャイの録音の数々は,これまで何度も再発を繰り返してきたところですが,その本家DGからフリッチャイのDG録音のコンプリート・ボックスが発売されることになり,その第一弾として,交響曲,管弦楽曲,協奏曲などのオーケストラ作品の録音を収録した45枚組ボックスが発売になりました。

 まだキッチリ精査はしていませんが,複数回録音している曲目についても,全ての録音が収録されているようで,CD時代になって初めて発売された,チャイコフスキーの「悲愴」のステレオ録音も収録されています。残念ながら,DGからCDが発売されていたウィーンフィルとのブラームスの交響曲第2番のザルツブルク音楽祭のライヴ録音は収録されていませんでした。

 私もこれまで,フリッチャイの録音をいろいろな形で入手してきていたところですが,こうして集大成的なボックスが発売になると,大量のダブリ買いを抱え込むことになることは承知の上で入手してしまいました。後はそのときの興味に赴くままに聴いていこうと思っています。

 なお,続編のボックスは合唱曲とオペラを収録したもので,来年発売予定とのことです。こちらも楽しみに待とうと思います。
479 2691

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.9

マルケヴィッチ指揮,日本フィルの初出ライヴ

 タワーレコードは,独自規格によるCDの制作・販売を積極的に行ってきているところですが,新譜として,マルケヴィッチ(Igor Markevich, 1912-1983)が日本フィルを指揮した2枚組のライヴ録音CDが発売になりました。

 収録されているのはいずれも1980年のライヴ録音で,10月17日のリムスキー=コルサコフの「シェエラザード」と,10月23日のベートーヴェンの交響曲第6番「田園,11月1日のストラヴィンスキーの「春の祭典」です。

 マルケヴィッチは1960年,1968年,1970年,1980年の4回,日本フィルを指揮をしており,今回のCDに収録されているのはその最後の指揮のシリーズとなったものです。

 音源の由来については,解説書にも記載が無く不明ですが,いずれも38cm/sのアナログ録音で,日本コロムビアがCDマスタリングを行っています。

 いずれも初出音源ということであり,晩年のマルケヴィッチと日本フィルがどんな演奏を行っていたのか,楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • リムスキー=コルサコフ
    • 交響組曲「シェエラザード」 <1980.10.17>
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第6番「田園」 <1980.10.23>
  • ストラヴィンスキー
    • バレエ「春の祭典」 <1980.11.1>
      • マルケヴィッチ指揮,日本フィル
      • タワーレコード TWCO-1016/7 (2CD)

TWCO-1016/7

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.8

タバコフ指揮,ブルガリア国立響のショスタコーヴィチ8番

 ブルガリアの指揮者,作曲家のエミール・タバコフ(Emil Tabakov, 1947-)が,ブルガリア国立放送響を指揮しての,ショスタコーヴィチの交響曲録音のプロジェクトの第2弾となる交響曲第8番が発売 になりました。第1弾の第4番は2013年4月の録音でしたが,今回の第8番はそれより少し前の2013年月の録音です。

 ショスタコーヴィチの交響曲全集の録音のリリースの最初が第4番,次いで第8番というのは,なかなかにコアな印象があるというか,自信の表れのようにも思えますが,今回もどのような演奏を行っているのか楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • ショスタコーヴィチ
    • 交響曲第8番
      • エミール・タバコフ指揮,ブルガリア国立放送響 <2013.1>
      • 勃GEGA NEW CD 381
        実は・・・

GD 381

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.7

ディーナ・ウゴルスカヤのベートーヴェン後期のソナタ

 ロシア出身のピアニスト,アナトール・ウゴルスキ(Anatol Ugorski, 1942-)の娘であるディーナ・ウゴルスカヤ(Dina Ugorskaja, 1973-)もピアニストとして活躍しており,近年は独AVI MUSICから録音をリリースしているところですが,新譜として,ベートーヴェンの後期のピアノ・ソナタを収録した2枚のCDが発売されています。

 これらは一度にリリースされたものではなく,第29番と第32番を収録した1枚が昨年,第27,28,30,31番を収録した1枚が先月発売になっていたものです。

 ちなみに,ベートーヴェンの後期のソナタというと,通常は第28~32番の5曲のことですが,作品90の第27番については,例えばフルトヴェングラーがこの曲の第2楽章からベートーヴェンの後期が始まると述べていたりして,一緒に収録されていても決して違和感を感じるものではありませんし,あとは肝心の演奏がどんなものなのか,楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • ベートーヴェン
    • ピアノ・ソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」
    • ピアノ・ソナタ第32番
      • ディーナ・ウゴルスカヤ(ピアノ) <2011.11>
      • 独AVI MUSIC 8553256
  • ベートーヴェン
    • ピアノ・ソナタ第27番
    • ピアノ・ソナタ第28番
    • ピアノ・ソナタ第30番
    • ピアノ・ソナタ第31番
      • ディーナ・ウゴルスカヤ(ピアノ) <2013.4&5>
      • 独AVI MUSIC 8553299

8553256 8553299

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.6

ホリガー指揮,ケルン放送響のシューマンの交響曲全集

 名オーボエ奏者であり,作曲家,指揮者としても活躍しているハインツ・ホリガー(Heinz Holliger, 1939-)は,近年はドイツの放送局のオーケストラを指揮する機会も多いのですが,新たにドイツのauditeから,ケルン放送響を指揮してのシューマンの交響曲全集が発売になりました。

 これらは,2回に分けて発売され,交響曲第1,4番ほかを収録した1枚が昨年秋に,交響曲第2,3番を収録した1枚が最近になって発売されたものです。交響曲第4番は1841年の第1稿が演奏されています。

 ドイツの放送局のオーケストラは,やや即物的ながらハードでカッチリした響きとアンサンブルを今なお聴かせてくれていると思っているのですが,ホリガーの指揮の下でどのような演奏を行っているのか,楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • シューマン
    • 交響曲第1番「春」 <2012.3.19-23>
    • 序曲,スケルツォとフィナーレ
    • 交響曲第4番(1841年版第1稿) <以上,2012.1.23-27>
      • ホリガー指揮,ケルン放送響
      • 独AUDITE 97.677
        実は・・・
  • シューマン
    • 交響曲第2番 <2012.1.23-27>
    • 交響曲第3番「ライン」 <2012.3.19-23>
      • ホリガー指揮,ケルン放送響
      • 独AUDITE 97.678
        実は・・・

97.677 97.678

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.5

マリー=カトリーヌ・ジローとプラジャーク弦楽四重奏団のガブリエル・デュポン

 フランスの作曲家,ガブリエル・デュポン(Gabriel Dupont,1878-1914)は,ノルマンディのカーンに生まれ,聖エシャンヌ教会のオルガニストであった父に音楽を学び,カーンの音楽学校を経て,パリ音楽院でマスネに作曲を,ヴィエルヌにオルガンを,ヴィドールにはその両方を学び,ローマ大賞には4度応募しましたが,アンドレ・キャプレが第1位となった1901年に第2位となったのが最高位でした。ちなみにこのときの第3位はラヴェルでした。

 デュポンは結核のため1914年に36歳の若さで夭折してしまったこともあってか,フランス近代の作曲家の中でも決して知名度が高いとはいえず,数少ない録音も,ピアノ曲と歌曲が見られる程度でした。

 そのデュポンの新譜として,仏MIRAREから,室内楽曲とピアノ曲を収録した1枚が発売になりました。私自身もデュポンの作品には強く惹かれており,ピアノ曲を聴いたCD感想を書き込んでいたこともあるのですが,今回は未知なる室内楽曲も聴けるということで個人的にも非常に楽しみです。
  • ガブリエル・デュポン
    • ピアノと弦楽四重奏のための詩曲
      • マリー=カトリーヌ・ジロー(ピアノ),
        プラジャーク弦楽四重奏団 <2013.8>
    • 療養の時~
      • 墓碑銘
      • 陽をあびる庭
      • 日曜日の午後
      • 友が花を持って来る
      • 思わせぶり
      • 庭で遊ぶ子供たち
      • 平穏
    • 砂丘の家~
      • 思い出の家
      • 幸せの憂鬱
        • マリー=カトリーヌ・ジロー(ピアノ) <2013.8>
    • ヴァイオリンとピアノのための春の日
      • パヴェル・ヒューラ(ヴァイオリン),
        マリー=カトリーヌ・ジロー(ピアノ) <2013.8>
      • 仏MIRARE MIR 238

MIR 238

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.4

ピーター・ウンジャン指揮,トロント響のシェエラザード

 その録音の発売点数の多さでは,メジャーレーベルにひけを取らない英CHANDOSのレーベルですが,8月新譜として発売されたもののうち,新録新譜は1点だけでした。

 それは何かというと,ピーター・ウンジャン指揮,トロント響による,リムスキー=コルサコフの交響組曲「シェエラザード」で,SACDハイブリッド盤での発売です。

 ウンジャンのシャンドス録音はこれが3点目ですが,現在,音楽監督を務めるトロント響との録音は当レーベル初登場で,充実した演奏活動を続けている両者がどのような演奏を聴かせてくれるのか非常に楽しみです。
  • リムスキー=コルサコフ
    • 交響組曲「シェエラザード」
      • ピーター・ウンジャン指揮,トロント響,
        ジョナサンクロウ(ヴァイオリン) <2013.6>
      • 英CHANDOS CHSA 5145 (SACD Hybrid)
        実は・・・

CHSA 5145

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.3

シアトル響の自主制作CD

 近年,オーケストラの自主制作CDのリリースはごく当たり前のように行われるようになっていますが,最近になってシアトル交響楽団も4点の自主制作CDをリリースしました。

 シアトル響というと,ジェラード・シュウォーツが1985年から音楽監督を務めていて,録音も数多く行われていたところでしたが,2011年からフランスの指揮者,ルドヴィーク・モルロー(Ludovic Morlot, 1974-)が音楽監督を務めています。今回の4点はいずれもそのモルローが指揮をした録音です。

 各CDの収録内容は下記のとおりですが,フランス音楽が3点と,アメリカ音楽が1点で,これらはまさに得意のレパートリーを前面に打ち出している感もあり,果たしてどんな演奏になっているのか楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • デュティユー
    • 交響曲第1番 <2012.10.14,18,30 & 11.13>
    • チェロ協奏曲「遙かなる遠い国へ」 <2012.9.14&18>(
    • 時の影 <2012.11.15-18>(
      • ルドヴィーク・モルロー指揮,シアトル響,
        クサヴィエ・フィリップス(チェロ:
        ベンジャミン・リチャードソン(B-S:),
        ケプラー・スワンソン(B-S:),
        アンドルー・トーゲルソン(B-S:
      • 米シアトル響 SSM 1001
        実は・・・
  • ラヴェル
    • 道化師の朝の歌
    • 亡き王女のためのパヴァーヌ
    • スペイン狂詩曲 <以上,2013.9.19-21>
  • サン=サーンス
    • 交響曲第3番「オルガン付き」 <2013.6.27-30>(
      • ルドヴィーク・モルロー指揮,シアトル響,
        ジョゼフ・アダム(オルガン:
      • 米シアトル響 SSM 1002
        実は・・・
  • アイヴズ
    • 交響曲第2番 <2012.6.14-17>
  • カーター
    • インスタンス <2013.2.7-10>
  • ガーシュイン
    • パリのアメリカ人 <2011.9.17,29 & 10.1>
      • ルドヴィーク・モルロー指揮,シアトル響
      • 米シアトル響 SSM 1003
        実は・・・
  • フォーレ
    • 劇音楽「マスクとベルガマスク」 <2011.10.20,27>
    • 幻想曲 作品79(タルミ編) <2011.10.27 & 2013.2.15>
    • 劇音楽「ペレアスとメリザンド」組曲 <2013.2.14-16>
    • 子守歌 作品16 <2013.2.15>
    • エレジー 作品24 <2012.2.29 & 11.16>
    • ドリー(ラボー編) <2011.10.20,27 & 2012.2.29 & 3.17 & 11.16>
    • パヴァーヌ <2011.10.27 & 2012.2.29 & 2013.3.17>(
      • ルドヴィーク・モルロー指揮,シアトル響&合唱団(
      • 米シアトル響 SSM 1004
        実は・・・

SSM 1001 SSM 1002
SSM 1003 SSM 1004

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.2

ヨーゼフ・モーグの英ONYX盤

 ドイツのルートヴィヒスハーフェン出身のピアニスト,ヨーゼフ・モーグ(又はヨゼフ・モーク,Joseph Moog, 1987-)は,10歳でカールスルーエ音大の生徒となり,12歳で国際デビューを果たし,ヴュルツブルク音大でベルント・グレムザーに,ハノーファー芸大でアリー・ヴァルディに学んでいます。

 録音は比較的早くから行っており,2007~2011年にスイスのクラーヴェスから4点のCDをリリースしていたのですが,その後,英ONYXに移籍し,これまで3点のCDが発売されています。

 そのモークの3点のONYX盤を入手してきました。最初にリリースされたのがルビンシテインとラフマニノフのピアノ協奏曲,2番目がスカルラッティのソナタ集,3番目がチャイコフスキーとシャルヴェンカの作品集です。

 ONYXのモークのキャッチフレーズは「ドイツの若きヴィルトゥオーゾ」で,本格派,実力派のピアニストとしてプッシュしているようです。また,今年のラ・フォル・ジュルネに登場予定でしたが,健康上の理由でキャンセルとなり,代わってジャン・デュベが演奏するということもありました。果たしてモーグの演奏がどのようなものなのか,今回入手したCDをじっくり聴かせてもらおうと思っています。
  • アントン・ルビンシテイン
    • ピアノ協奏曲第4番
  • ラフマニノフ
    • ピアノ協奏曲第3番
      • ヨーゼフ・モーグ(ピアノ),
        ニコラス・ミルトン指揮,
        ラインラント=プファルツ州立フィル <2011.6.6-10>
      • 英ONYX 4089
        実は・・・
  • ドメニコ・スカルラッティ
    • ソナタ ホ長調 K135
    • ソナタ ト短調 K12(タウジヒ編)
    • ソナタ 嬰ハ短調 K247
    • ジーグ ト長調 K523(フリードマン編)
    • ソナタ ヘ短調 K466
    • ソナタ ハ長調 K487(タウジヒ編)
    • ソナタ ロ短調 K87
  • ギーゼキング
    • スカルラッティの主題によるシャコンヌ(ソナタ K32)
  • ドメニコ・スカルラッティ
    • ソナタ ニ長調 K96
    • パストラーレ(ソナタ K9) ホ長調(タウジヒ編)
    • ソナタ 変ロ長調 K70
    • パストラーレ(ソナタ K466) ニ長調(タウジヒ編)
    • ソナタ ホ長調 K380
    • ソナタ ヘ短調 K519(タウジヒ編)
    • ソナタ ニ短調 K32
      • ヨーゼフ・モーグ(ピアノ) <2011.1.3-5>
      • 英ONYX 4106
        実は・・・
  • チャイコフスキー
    • ピアノ・ソナタ 作品37
    • ロマンス ヘ短調 作品5
    • 情熱的な告白 ホ短調
  • フランツ・クサヴァー・シャルヴェンカ
    • ピアノ・ソナタ第2番
    • 5つの音の絵「戸外にて」 作品36~第1,2曲
      • ヨーゼフ・モーグ(ピアノ) <2014.1.6-9>
      • 英ONYX 4126
        実は・・・

4089 4106 4126

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

2014.8.1

シュテンツ指揮,ギュルツェニヒ管のマーラー9番と第10番アダージョ

 ティーレマンと並んでドイツの実力派指揮者として活躍しているマルクス・シュテンツは,2003年から首席指揮者を務めているケルンのギュルツェニヒ管を指揮してマーラーの交響曲全集録音を進めており,これまでこれまで第5番第4番第2番第1番,第3番,「子供の不思議な角笛」第8番第7番第6番が発売されていたところですが,新たに第9番と第10番のアダージョが発売になりました。今回もSACDハイブリッド盤です。

 これで交響曲第1番~第9番と第10番のアダージョ,それから「子供の不思議な角笛」の録音が出揃ったことになります。交響曲としては「大地の歌」がまだ残っていますが,発売元のインフォメーションによるとこれで完了ということです。いずれにしても,今回発売に2曲はまさに最後の真打ち的作品であり,楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • マーラー
    • 交響曲第6番 <2014.1>
    • 交響曲第10番~第1楽章「アダージョ」 <2011.6>
      • マルクス・シュテンツ指揮,ケルン・ギュルツェニヒ管
      • 独OEHMS OC 654 (2SACD Hybrid)

OC 654

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!クリックすると現在の順位をご覧いただけます。

前月翌月バックナンバー一覧