前月翌月バックナンバー一覧

クラシック音楽CDの雑談(2011年8月)

ふと思ったことなどを寝言みたいに書いてます・・・


ドゥダメルとイェーテボリ響のライヴ録音集

 今や飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を行っているグスターボ・ドゥダメルは,2007年からイェーテボリ響の音楽監督に就任していたところですが,その手兵とのライヴ録音を収録した3枚組ボックスが発売になりました。

 曲目はバラエティに富んでおり,ブルックナーの交響曲第9番,シベリウスの交響曲第2番,ニールセンの交響曲第4番と第4番「不滅」です。

 これは先に輸入盤で発売されましたが,国内盤も9月28日発売予定です。今まさに伸び盛りにあるドゥダメルが手兵のイェーテボリ響とどんな演奏を聴かせてくれるのか非常に楽しみです。
  • ブルックナー
    • 交響曲第9番 <2008.2>
  • シベリウス
    • 交響曲第2番 <2010.3>
  • ニールセン
    • 交響曲第5番 <2008.2>
    • 交響曲第4番「不滅」 <2009.9>
      • ドゥダメル指揮,イェーテボリ響
      • 独GRAMMOPHON 477 9449 (3CD)


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.31


NHK「現代の音楽」アーカイブシリーズの第2回発売

 1957年に放送が始まったNHK-FMの「現代の音楽」は,今も日曜日の18時から放送されている長寿番組で,数多くの新作の録音が放送されてきてお り,特に昭和の頃は現代音楽作曲の最前線をリアルに伝えていたように思います。

 この「現代の音楽」で放送された録音には貴重なものが数多くあると思われるのですが,ナクソスジャパンが,NHK「現代の音楽」アーカイブシリーズと題 したシリーズのCDリリースを開始することになり,第1回発売の2点のCDに続き,第2回発売の2点のCDがリリースされました。1つは武満徹の作品,もう1つは諸井誠の作品です。

 収録されているのは,武満徹の方が,地平線のドーリア,テクスチュアズ,「風の馬」からの2曲の初演,ノヴェンバー・ステップス,ピアニストのためのコロナ5曲で,初演作品の収録が珍しいことに加え,比較的知られた4曲が収録されています。さらに武満徹と杉浦康平の対談が最後に収録されています。

 諸井誠の方は,「第1室内カンタータ」の放送初演,「対話五題」の初演,ピアノのための「比呂波譬喩八題」,レ・ファルス,ピアノ協奏曲第1番というバラエティに富んだ作品が収録されています。こちらには諸井誠,矢代秋雄,森正の三者による鼎談が収録されています。

 このシリーズはHQCDで発売されており,私自身はHQCDの音は通常のCDの音に劣ると思っているので,余計なことをしてくれたと思っているのですが,いずれにしても大変に貴重で興味深いシリーズのリリースではないかと思っていますし,何とか好調な販売を維持してシリーズを続けてほしいものだと思っています。
  • 武満徹
    • 地平線のドーリア(1966)
      • 小林研一郎指揮,東京都響 <1979.10.16>
    • テクスチュアズ(1964)
      • 森正指揮,NHK響 <1967.11.29>
    • 「風の馬」(1961)~
      • 第1ヴォカリーズ
      • 指の呪文
        • 田中信昭指揮,東京混声合唱団 <1961.11.14>
    • ノヴェンバー・ステップス(1967)
      • 鶴田錦史(琵琶),横山勝也(尺八),
        岩城宏之指揮,NHK響 <1969.10.23&24>
    • ピアニストのためのコロナ(1962)
      • 松谷翠&高橋アキ(ピアノ) <1968.2.4>
      • ナクソスジャパン NYNG 003
  • 諸井誠
    • 第1室内カンタータ(1959年)
      • 本荘玲子(オンド・マルトゥノ),竹前聡子(チェンバロ&チェレスタ),
        小林美隆&有賀誠門&塚田靖(パーカッション),
        水島弘(語り),岩城宏之指揮,東京混声合唱団 <1959.4.26>
    • 対話五題(1964)
      • 酒井竹保&酒井松道(尺八) <1967.2.10>
    • ピアノのための「比呂波譬喩八題」(1967)
      • 山根弥生子(ピアノ) <1968.11.10>
    • レ・ファルス(1970)
      • 黒沼ユリ子(ヴァイオリン) <1971.2.5>
    • ピアノ協奏曲第1番(1966)
      • 小林仁(ピアノ),森正指揮,NHK響 <1967.11.29>
      • ナクソスジャパン NYNG 004

NYNG 003 NYNG 004

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.30


ラン・ランとゲルギエフ指揮ウィーンフィルのリストの録音集

 瀋陽出身の人気ピアニスト,ラン・ランは昨年ソニー・ミュージックに移籍しており,第1弾のウィーンでのライヴ録音に続き,ゲルギエフ指揮ウィーンフィルとのリストの作品集が発売になりました。

 収録内容は,リストの代表的なヴィオルティオーゾ的作品の数々を演奏した後に,ゲルギエフ指揮,ウィーンフィルとのリストのピアノ協奏曲第2番が収録されています。

 毎回述べていることですが,ラン・ランの演奏は,有り余るテクニックと健康的で積極果敢なキャラクターが特徴的だと思っているところですので,今回もどんな演奏を聴かせてくれているのか非常に楽しみです。
  • リスト
    • ロマンス ホ短調
    • ラ・カンパネッラ
    • コンソレーション第3番 変ニ長調
    • 半音階的大ギャロップ
    • 愛の夢第3番 変イ長調
    • ハンガリー狂詩曲第6番
    • 3つの演奏会用練習曲~第3番「ため息」
    • ハンガリー狂詩曲第15番「ラコッツィ行進曲
    • アヴェ・マリア
  • ワーグナー(リスト編)
    • イゾルデの愛の死
      • ラン・ラン(ピアノ) <2011.4.1-10>
  • リスト
    • ピアノ協奏曲第1番 <2011.6.11-13>
      • ラン・ラン(ピアノ),ゲルギエフ指揮,ウィーンフィル
        ※レコーディング風景を収録したボーナスDVD付き
      • 独SONY CLASSICAL 88697891402 (CD & Bonus DVD)


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.27


コンドラシン指揮,南西放送響のマーラー6番

 ドイツの放送録音からのCD化を行っているレーベルの1つである独ヘンスラー・クラシックの新譜で,コンドラシン指揮のマーラーの交響曲第6番の録音が発売になりました。

 コンドラシンのマーラーの交響曲というと,モスクワフィルとの第1,3~7,9番の7曲がメロディアから発売されていたほか,北ドイツ放送響との第1番,アムステルダム・コンセルトヘボウ管との第7番,モスクワフィルとの第9番の来日公演ライヴがありました。

 これはコンドラシンは1981年3月7日に,テンシュテットの代役で北ドイツ放送を指揮してマーラーの交響曲第1番を指揮した後に急逝したのでいたが,今回の録音はその前々月のものであり,コンドラシンらしいクールで鮮烈な演奏が聴けることを期待したいですね。
  • マーラー
    • 交響曲第6番 <1981.1.13-15>
      • コンドラシン指揮,南西放送響
      • 独HÄNNSLER CD 94.217


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.28


スクロヴァチェフスキ指揮,読売日本響のブラームス第4弾

 2007年4月に読売日本交響楽団の常任指揮者に就任し,2010年4月からは同響の桂冠指揮者となった名指揮者スクロヴァチェフスキ(Stanislaw Skrowaczewski, 1923- )は,手兵と共にDENONのブラームスの交響曲のライヴ録音が進行中で,交響曲第2番ほかと,交響曲第1番ほかと,交響曲第3番ほかがSACDハイブリッド盤で発売されていたところでしたが,残る第4番のライヴ録音がようやく発売になりました。

 ちなみに,カップリングはハイドンの主題による変奏曲です。交響曲は東京芸術劇場,ハイドン変奏曲はサントリーホールでのライヴ録音です。

 このシリーズの前回の発売は昨年の8月でしたので,ちょっと間を置いての発売となりましたが,実は今回の録音は2009年3月の演奏会を収録したものです。これは販売面でも期待できそうなブルックナーのライヴ録音のリリースを優先させたからでしょうか。

 今回もSACDハイブリッド盤での発売ですが,元の録音は24ビットPCM録音です。ちなみにこのシリーズでは,第1弾がDSD録音で,第2弾と第3弾はPCM録 音でした。録音方式がどのようにして選択されているのかは分りませんが,DENONはPCM録音を初めて実用化したレーベルであり,PCM録音の方がノウ ハウの蓄積等があるということなのでしょうか。

 いずれにせよ,ブラームスの交響曲全集の完結編となる録音であり,また,私自身の大好きな第4番ということもあって,聴くのが非常に楽しみです。
  • ブラームス
    • 交響曲第4番 <2009.3.21>
    • ハイドンの主題による変奏曲 <2009.3.9>
      • スクロヴァチェフスキ指揮,読売日本響
      • DENON COCQ-56 (SACD Hybrid)


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.27


ラトル指揮,ベルリンフィルのシェーンベルク新譜のSACD

 英EMIに継続的に録音を行っている,ラトル指揮のベルリンフィルの最新の新譜は,シェーンベルク編のブラームスのピアノし重奏曲第1番,シェーンベルクの「映画の一場面への伴奏音楽」と室内交響曲第1番を収録した1枚で,すでに輸入盤CDが少し前から発売されていたのですが,私はこれには手を出していませんでした。

 なぜかというと,国内盤はSACDハイブリッド盤で発売予告されていたからで,EMIミュージックジャパンではフルトヴェングラーのSACDが予想以上に売れたため,他の録音についてもSACD化を進めることとなったようで,アルゲリッチの録音のSACDに続き,ラトルとベルリンフィルの録音も旧譜を含めてSACD化していくようです。

 ラトルとベルリンフィルのハイレゾ音盤というと,マーラーの交響曲第5番のDVDオーディオと,ベルリンフィル制作の「春の祭典」のSACDがあった程度ではないでしょうか。これは演奏,音質の両面で非常に楽しみな1枚ですし,この週末にじっくりと聴かせてもらおうと思っています。
  • ブラームス(シェーンベルク編)
    • ピアノ四重奏曲第1番
  • シェーンベルク
    • 映画の一場面への伴奏音楽
    • 室内交響曲第1番(フルオーケストラ版)
      • ラトル指揮,ベルリンフィル <2009.10.30-31 & 11.5-7>
      • EMI TOGE-11076 (SACD Hybrid)


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.26


音匠仕様SHM-SACDのアルゲリッチ

 驚異の高音質の音盤を続々とリリースしている,音匠仕様SHM-SACDの今月のクラシック音楽の新譜はアルゲリッチのドイツ・グラモフォン盤で,3点が発売になりました。

 1967年録音の方のショパン・リサイタル盤と,アバド指揮ベルリンフィルとのプロコフィエフとラヴェルのピアノ協奏曲,アバド指揮ロンドン響とのショパンとリストのピアノ協奏曲第1番で,いずれもLPで発売された当初から名演名盤として揺るぎのない評価を得ているものです。

 音匠仕様SHM-SACDのクラシック音楽のリリースは,先々月発売のフルトヴェングラーの録音先月発売のベームの録音からは,新たにエミール・ベルリナー・スタジオが制作したDSDマスターからの音匠仕様SHM-SACD化であり,期待も大きいのですが,これらの音質はいずれも情報量と解像度には優れているものの,音が硬く不自然で,響きや音色のニュアンスがバッサリ切り落とされており,私には演奏表現を鑑賞するには不向きの珍妙な音質としか思えませんでした。

 そんなわけで,今回発売の3点の音質も,期待と不安が相半ばする思いで聴いてみたのですが,先々月,先月発売のものと比較すると,かなりまともとはいえ,情報量と解像度には優れているものの,音が硬く不自然で耳当たりも良くありませんし,響きや音色のニュアンスもいまひとつでした。

 音に対する好みや考え方は人それぞれとはいえ,これらエミール・ベルリナー・スタジオ制作の2011年DSDマスターに基づく音匠仕様SHM-SACDの音質は,私にとってはとても満足できるものでも,聴いて楽しめるものでもないのですが,どうしてこんな音質になってしまったのかというと,これは推測するしかありませんが,SHM素材特有のニュアンス不足の音の傾向と,エミール・ベルリナー・スタジオの珍妙なマスタリングとのマイナスの相乗効果のように思えてなりません。

 昨年,音匠仕様SHM-SACDが発売されときには,その高音質に驚喜したのでしたが,その後,必ずしも音質良好とは言い難いものが散見されるようになり,ついに先々月からの2011年マスターに至っては,その音質に首を傾げることになってしまいました。かつてない高音質の音盤をリリースするチャンスでありながら,それを自ら台無しにしているような,マスタリングとプレスとリリースについては残念と言うほかありません。来月はクーベリックの録音が発売予告されているのですが,何だか音質は期待できなさそうですね。
  • ショパン
    • ピアノ・ソナタ第3番
    • ポロネーズ第7番「幻想」
    • ポロネーズ第6番「英雄」
    • マズルカ第36~38番 作品59
      • アルゲリッチ(ピアノ) <1967.1>
      • GRAMMOPHON UCGG-9024 (SHM-SACD)
  • プロコフィエフ
    • ピアノ協奏曲第3番
  • ラヴェル
    • ピアノ協奏曲
      • アルゲリッチ(ピアノ),
        アバド指揮,ベルリンフィル <1967.5&6>
      • GRAMMOPHON UCGG-9025 (SHM-SACD)
  • ショパン
    • ピアノ協奏曲第1番
  • リスト
    • ピアノ協奏曲第1番
      • アルゲリッチ(ピアノ),
        アバド指揮,ロンドンフィル <1968.2>
      • GRAMMOPHON UCGG-9026 (SHM-SACD)

UCGG-9024 UCGG-9025 UCGG-9026

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.25


シャロウン・アンサンブルのベートーヴェンの七重奏曲と六重奏曲

 ベートーヴェンの作品に,弦楽器と管楽器の七重奏曲と,管楽器のための六重奏曲という,なかなかシブいというか,地味な曲があるのをご存じでしょうか。

 七重奏曲 作品20は,交響曲第1番や最初の6曲の弦楽四重奏曲と同時期の1780年の作品で,それまで多くの室内楽曲や器楽曲を作曲していたベートーヴェンの初期の集大成的な作品といえるもので,作曲当時から人気を博したということです。

 管楽器のための六重奏曲 作品71は,七重奏曲よりさらに4年前の1796年の作品で,同年の作品というとチェロ・ソナタ第1,2番があります。作品番号が71になっているのは1810年に出版されているからなのですが,ベートーヴェン自身が出版社に宛てた手紙によると,一晩で書き上げたのだそうです。

 いずれの作品も,数は少ないながらも常時複数の録音のCDが入手可能な状況にあるのですが,この2曲の新譜として,スイスのTUDORからシャロウン・アンサンブルの演奏による1枚が発売になりました。嬉しいことにSACDハイブリッド盤での発売です。

 シャロウン・アンサンブルは1983年にベルリン・フィルのファゴット奏者のクラウス・トゥーネマンにより結成されたアンサンブルで, 「シャロウン」はベルリン・フィルのフィルハーモニーホールの設計者であるハンス・シャロウンにちなんでいます。

 私もこれらの作品は普段から頻繁に聴くというほどではないのですが,この新譜の発売を機に改めてじっくり聴いてみようと思っています。
  • ベートーヴェン
    • 七重奏曲 作品20 <2008.10>
    • 管楽器のための六重奏曲 作品71 <2009.5>
      • シャロウン・アンサンブル
      • 瑞西TUDOR 7146 (SACD Hybrid)


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.24


コリヤ・ブラッハーのシューマンのヴァイオリン協奏曲とソナタほか

 ドイツの作曲家のボリス・ブラッハー(Boris Blacher, 1903-1975)の息子でヴァイオリニストのコリヤ・ブラッハー(Kolja Blacher, 1963-)は,アバド時代のベルリンフィルのコンサートマスターを務めた後,現在はソリストとして活躍しているのですが,新譜として,ベルリンフィルのメンバーの録音などをリリースしている独フィルハーモニーレーベルから,シューマンのヴァイオリン協奏曲と,ヴァイオリン・ソナタ第1番と,3つのロマンスを収録した1枚が発売になりました。

 コリヤ・ブラッハーの録音は決して多いとはいえないので,これは貴重な録音だと思いますし,特に協奏曲では弾き振りをしており,ヴァシリー・ロバノフのピアノ伴奏ともども,どんな演奏が聴けるのか非常に楽しみです。
  • シューマン
    • ヴァイオリン協奏曲 <2007.11.7&8>
      • コリヤ・ブラッハー(ヴァイオリン&指揮),
        マーラー室内管
    • ヴァイオリン・ソナタ第1番
    • 3つのロマンス 作品94 <以上,2010.9.26&27>
      • コリヤ・ブラッハー(ヴァイオリン),
        ヴァシリー・ロバノフ(ピアノ)
      • 独Phil.harmonie 06011
        実は・・・


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.23


ゲルギエフ指揮,ロンドン響のマーラーの交響曲第9番ライヴ

 ゲルギエフとロンドン響は,マーラーの交響曲のライヴ録音による全集のリリースを鋭意継続中で,すでに第6番第1番第7番第3番第2番+第10番のアダージョ第8番第4番第5番が発売されており,「大地の歌」を別とすると残るは第9番だけとなっていたのですが,この曲のライヴ録音も発売になりました。今回もこれまで同様にSACDハイブリッド盤での発売です。

 このシリーズは,ゲルギエフ独自のキャラクターによるユニークなマーラー演奏を聴かせているところで,今回もどんな演奏が聴けるのか非常に楽しみ です。
  • マーラー
    • 交響曲第9番 <2011.3.2&3>
      • ゲルギエフ指揮,ロンドン響
      • 英ロンドン響 LSO 0664 (SACD Hybrid)


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.22


TAHRAの「ウラニアのエロイカ」のSACD

 貴重なヒストリカル音源を発掘してリリーしている仏TAHRAでは,レーベル初期からフルトヴェングラーの録音を精力的にリリースしており,さらに同一音源をマスタリングし直して再リリースも行っているのですが,今度はいわゆる「ウラニアのエロイカ」のSACDハイブリッド盤が発売になりました。

 TAHRAではこの録音のCD化に当たっては,ドイツ国営放送アーカイヴの音源を使用してきたのですが,今回も同様で,24ビット/192kHzの新マスタリングを行っているとのことです。

 試しに聴いてみましたが,ステレオプレゼンスの付加等のないモノーラルで,CDレイヤの方の音質は,同レーベルからこれまで発売されていた FURT 1031 や FURT 1034/9 とほぼ同等の音質でした。

 それからお目当てのSACDレイヤの方の音質ですが,上位フォーマットでの再生音ということなのか,さらなるエネルギー感と音の厚みが加わって,さらにしっかりとした音質で聴けるのはよいのですが,聴いていて肩が凝るような詰まった感じの音なのが気になりますし,音色や響きのニュアンスにいまひとつ乏しいところは変わりありませんでした。

 ということで,SACDレイヤの方も特別に秀逸な音質でも魅力的な音質でもないというのが正直な印象ですが,現在入手容易な「ウラニアのエロイカ」のCDの中では音の良い方ではないかと思われますので,一聴の価値はあると思います。
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第3番「英雄」 <1944.12.19>
      • フルトヴェングラー指揮,ウィーンフィル
      • 仏TAHRA FURT 2008 (SACD Hybrid)


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!


ディーナ・ウゴルスカヤのシューマン

 ロシア出身のピアニスト,アナトール・ウゴルスキ(Anatol Ugorski, 1942-)は1990年にドイツに亡命し,1992年に独グラモフォンと専属録音契約を締結し,続々とCDが発売されるようになると,俄然評判となり「遅れてデ ビューしたピアニスト」として脚光を浴びることとなります。近年は録音も途絶えていましたが,昨年, スクリャービンのピアノ・ソナタ全集が発売になって再び注目されていたところです

 そのウゴルスキの娘のディーナ・ウゴルスカヤ(Dina Ugorskaja, 1973-)もピアニストで,父親と共演した協奏曲録音のCD(独ebs EBS 6125)や,ヘンデルの組曲のCD(独AVI MUSIC 8553184)がリリースされていたところですが,新譜としてシューマンの作品を収録した1枚が少し前に発売されていました。

 興味深いのは収録曲で,シューマンの最晩年の作品とクライスレリアーナが演奏されています。いずれも内省的で深いロマンティズムに彩られた作品ばかりであり,ウゴルスカヤがどのような演奏を聴かせてくれるのか非常に楽しみです。
  • シューマン
    • 暁の歌 作品133
    • フゲッタ形式の7つのピアノ小品 作品126
    • クライスレリアーナ 作品16
    • 主題と変奏 変ホ長調(最後の楽想による幻覚の変奏曲)
      • ディーナ・ウゴルスカヤ(ピアノ) <2010.9>
      • 独AVI MUSIC 8553217


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.21


ドラティ指揮,ストックホルムフィルのマーラー5番

 貴重なLP復刻CD-Rをリリースしている米Haydn Houseから,今月初旬に最新リリース情報を掲載したとのメールが届き,その最新のリリースのページを見たところ,ドラティがストックホルムを指揮したマーラーの交響曲第5番があったので,さっそくオーダーしていたところ,無事に入手することができました。

 これは1973年9月14~15日にストックホルムで録音されたもので,N.H.N.というレーベルからLPが発売されており(4003~4),このCD-RはこのLPから復刻をしたものです。

 ドラティはマーラー指揮者というイメージは無いかもしれませんが,近年になってマーラーの交響曲第9番や,交響曲第6番のライヴ録音も発売されるようになってきているところで,そのような中で,初CD化となるこの録音もどんな演奏が聴けるのか非常に楽しみです。
  • マーラー
    • 交響曲第5番 <1973.14&15>
      • ドラティ指揮,ストックホルムフィル
      • 米HAYDN HOUSE SDA 2011-72


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.20


イブラギモヴァとティベルギアンのルクーとラヴェルのヴァイオリン・ソナタほか

 ロシアの若手女流ヴァイオリニストのア リーナ・イブラギモヴァ(Alina Ibragimova, 1985-)が,セドリク・ティベルギアン(Cédric Tiberdhen, 1975-)は,ここのところ英ハイペリオンに録音を行うとともに,ウィグモア・ホールのライヴ録音シリーズでベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会のライヴ録音CDがリリースされていました。

 そのイブラギモヴァとティベルギアンの新譜として,英ハイペリオンから,ルクーとラヴェルのヴァイオリン・ソナタほかを収録した1枚が発売になりました。

 このCDに収録されている作品は個人的にも熱愛しているものばかりであり,新しい録音が発売されるだけでも嬉しいのですが,独自のスタイルで新機軸の演奏を打ち出しているイブラギモヴァとティベルギアンがどのような演奏を聴かせてくれるのか非常に楽しみです。
  • ルクー
    • ヴァイオリン・ソナタ
  • ラヴェル
    • ヴァイオリン・ソナタ イ長調 遺作
    • ヴァイオリン・ソナタ ト長調
    • ツィガーヌ
    • ガブリエル・フォーレの名による子守歌
      • アリーナ・イブラギモヴァ(ヴァイオリン),
        セドリク・ティベルギアン(ピアノ) <2010.11.26-28>
      • 英HYPERION CDA 67820


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.19


ポーランド国立ショパン協会の黒ジャケシリーズの新譜のハワード・シェリー

 ポーランド国立ショパン協会では,これまでショパンが生きた時代の楽器を使用したショパン録音のプロジェクトを黒地のCDジャケットで,モダンピアノによるショパン録音のプロジェクトを白地のCDジャケットで,昨年のショパン・コンクールの上位入賞者のライヴ録音を青地のCDジャケットで,「ショパンの時代の音楽」という赤地のCDジャケットで発売してきたところです。

 これらのうち,最初に発売が開始された黒地のジャケットのシリーズは,20点の新録音と,ラウル・コチャルスキのヒストリカルライヴが発売されたところで,これら21点のCDを収録したボックスが廉価で発売されていたので,黒ジャケのシリーズは一段落したものだとばかり思っていました。

 ところが,この黒ジャケのシリーズはまだ続くようで,ハワード・シェリーのピアノ演奏によるショパンのピアノ・ソナタ3曲を収録した1枚が発売になりました。演奏しているピアノはピアノ・ソナタ第2番の第2,4楽章がプレイエルで,他はエラールです。

 ハワード・シェリーは現在最も積極的に録音活動を行っているピアニストの1人ですが,このシリーズでは,ピアノ協奏曲の指揮をしていたものの,ピアノ演奏はこれが初めてなので,どんな演奏が聴けるのか非常に楽しみです。
  • ショパン
    • ピアノ・ソナタ第1番
    • ピアノ・ソナタ第2番「葬送」
    • ピアノ・ソナタ第3番
      • ハワード・シェリー(ピアノ) <2009.9.1&3-5>
      • 波Narodowy Instytut Fryderyka Chopina NIFCCD 022
        実は・・・


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.18


ポーランド国立ショパン協会の「ショパンの時代の音楽」

 ポーランド国立ショパン協会では,これまでショパンが生きた時代の楽器を使用したショパン録音のプロジェクトを黒地のCDジャケットでリリースし,モダンピアノによるショパン録音のプロジェクトを白地のCDジャケットでリリースしてきています。

 さらに今年になって,昨年のショパン・コンクールの上位入賞者のライヴ録音を青地のジャケットで発売し,リリースされる録音の間口が広がっているのですが,さらに今度は「ショパンの時代の音楽」という赤地のジャケットのリリースが開始され,第1回新譜が発売になりました。

 これは「ショパンの時代の音楽」と題されているように,同時代のショパン以外の作品を演奏するようで,今回の第1回新譜ではシューマンの作品を,アメリカのピアニストのマルコム・フレイジャーが演奏しています。

 実は,フレイジャーは1991年に56歳で亡くなっているので,新譜が発売されるというのはどういうことかと思ったのでしたが,この録音は1970年代に録音されていたものだということです。ということは,このシリーズは新録にこだわらないということでしょうか。

 フレイジャーの録音というと,ルドルフ・ケンペ指揮のドレスデン・シュターツカペレとシューマンのピアノ協奏曲を演奏した1974年のライヴ録音のCD感想を書き込んでいたことがありましたが,今回は同時期のフレイジャーのショパン演奏ということで,同様の感性の演奏が聴けることを期待したいですね。
  • シューマン
    • 交響的練習曲
    • ピアノ・ソナタ第2番
      • マルコム・フレイジャー(ピアノ) <1970年代>
      • 波Narodowy Instytut Fryderyka Chopina NIFCCD 100
        実は・・・


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.17


ネゼ=セガン指揮,ロッテルダムフィルの「英雄の生涯」と4つの最後の歌

 カナダの指揮者,ヤニック・ネゼ=セガン(Yannick Nézet-Séguin, 1975-)は,30代半ばにして,グラン・モントリオール・メトロポリタン管の首席指揮者,ロッテルダムフィルの首席指揮者,ロンドンフィルの首席客演 指揮者を務めるなど,目覚ましい活躍をしているところですが,さらに2012年からはフィラデルフィア管の音楽監督に就任することが決まっています。

 ネゼ=セガンとロッテルダムフィルは,スウェーデンのBISから録音をリリースすることになったようで,今年初めに発売されたベルリオーズの幻想交響曲ほかの録音に続き,今度はR・シュトラウスの「英雄の生涯」と,4つの最後の歌をカップリングした1枚が発売になりました。大変嬉しいことにSACDハイブリッド盤での発売です。

 両曲ともR・シュトラウスの作品の中にあっても,個人的に特に愛好している作品であり,充実した演奏が聴けることを期待したいのですが,前回発売の幻想交響曲ほかの録音は悪くはないのですが,いまひとつ踏み込み不足というか物足りなさを感じてしまい,既に手放してしまっているので,今回の演奏ではぜひ挽回していることを期待したいと思います。
  • R・シュトラウス
    • 交響詩「英雄の生涯」
    • 4つの最後の歌
      • ネゼ=セガン指揮,ロッテルダムフィル,
        ドロテア・レシュマン(ソプラノ) <2010.6>
      • 瑞典BIS SACD-1880 (SACD Hybrid)


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.16


ニコラ・ベネデッティのイタリア・バロックの協奏曲とソナタ

 スコットランド出身の女流ヴァイオリニスト,ニコラ・ベネデッティ(Nicola Benedetti, 1987-)は,16歳のときにBBCヤング・ミュージシャン・オブ・ザ・イヤー優勝し,18歳でユニバーサル・ミュージックと録音契約を締結し,現在まで5枚のCD をリリースしているのですが,新譜としてイタリア・バロックの協奏曲とソナタを収録した1枚が発売になりました。

 指揮はバロックオペラなどで幅広く活躍しているクリスティアン・カーニン,オーケストラはスコットランド室内管という充実のラインナップです。協奏曲やソナタのほかにオペラ・アリアやモテットのヴァイオリン演奏も収録されています。

 ニコラ・ベネデッティは,ビジュアル路線ではなく,あくまでクラシック音楽のヴァイオリニストとして演奏活動することを志向しているのですが,今回のブックレットもセピア調のポートレートが何枚も収録されています。とはいえ,この程度でしたらビジュアル路線と言うほどではないのかもしれません。

 いずれにしても,これらの作品はニコラ・ベネデッティのスリムで洗練された演奏スタイルとマッチしているのではないかという気もしますので,楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • ヴィヴァルディ
    • ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 RV208
    • 歌劇「ジュスティーノ」~私のいとしい人を眺めよう
  • タルティーニ
    • ヴァイオリン・ソナタ ト長調「悪魔のトリル」
  • ヴィヴァルディ(エイドリアン・チャンドラー編)
    • ヴァイオリン協奏曲「ラ・チェトラ」 第1集第5曲 イ短調 作品9の5 RV358
  • ヴェラチーニ
    • ソナーテ・アッカデーミケ 作品2~第6曲 イ長調 ~第4楽章 ラルゴ
  • タルティーニ
    • ヴァイオリン協奏曲 イ短調 D115
  • ヴィヴァルディ
    • モテット「まことの安らぎはこの世にはなく」 RV630~冒頭のアリア
    • ヴァイオリン協奏曲集「四季」~夏
      • ニコラ・べネデッティ(ヴァイオリン),
      • クリスティアン・カーニン(指揮&チェンバロ),
      • スコットランド室内管 <2010.6>
      • 英DECCA 476 4342


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.15


ヨアンナ・クルコヴィチのバツェヴィチのヴァイオリン協奏曲

 ポーランド出身のジョリュヴァイオリニスト,ヨアンナ・クルコヴィチは,現在はボストン・フィルハーモニックのコンミスを務める傍ら,ソリストとしても活躍しており,2009年にはポーランドの女流ヴァイオリニストで作曲家であったグラジナ・バツェヴィチ(Grazyna Bacewicz, 1909-1969)のヴァイオリン協奏曲のリリースを開始し,好評を得ていたところですが。最近になって第2弾となるCDが発売になりました。

 バツェヴィチは,自身がヴァイオリニストだったこともあってヴァイオリン協奏曲は第7番まで残されていますが,第2回リリースの第2,4,5番はいずれもこれが世界初録音です。

 バツェヴィチは20世紀前半から中頃にかけて世界的に最も知られたポーランドの作曲家であり,作品も数多く残されており,2009年の生誕100年&没後40年を期に,いくつかの注目すべき録音がリリースされ,徐々に知名度が上がってきているようであり,私もこれらの作品をじっくりと聴いてみようかと思っているところです。
  • バツェヴィチ
    • ヴァイオリン協奏曲第4番(1951) <2010.11.8&10>
    • ヴァイオリン協奏曲第5番(1954) <2011.2.7-9>
    • ヴァイオリン協奏曲第2番(1945) <2011.3.31-4.2>
      • ヨアンナ・クルコヴィチ(ヴァイオリン),
        ウカシュ・ボロヴィツ指揮,ポーランド放送響
      • 英CHANDOS CHAN 10673
  • バツェヴィチ
    • ヴァイオリン協奏曲第7番(1965)
    • ヴァイオリン協奏曲第3番(1948)
    • ヴァイオリン協奏曲第1番(1937)
    • 序曲(1943)
      • ヨアンナ・クルコヴィチ(ヴァイオリン),
        ウカシュ・ボロヴィツ指揮,ポーランド放送響
        <2008.10.21-24 & 2009.2.2-6>
      • 英CHANDOS CHAN 10533

CHAN 10673 CHAN 10533

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.14


アレグリーニとアバド指揮モーツァルト管のホルン協奏曲集

 アバドとモーツァルト管は, 独グラモフォン(アルヒーフ)からコンスタントに録音をリリースしてきているところですが,新譜として,モーツァルトのホルン協奏曲全4曲を収録した1枚が発売になりました。

 ホルンのソロを吹いているのは,スカラ座の首席ホルン奏者を務め,現在は聖チェチーリア国立アカデミー,ルツェルン祝祭管,そしてモーツァルト管の各首席奏者として活躍中であるアレッシオ・アレグリーニで,今年発売されたバッハのブランデンブルク協奏曲でもホルン・ソロを担当していました

 モーツァルトのホルン協奏曲はそんなに頻繁に録音される作品ではありませんが,名奏者の録音が幾多も残されているところであり,現代における理想的な組み合わせともいえる,このラインナップでどのような演奏を聴かせているのか非常に楽しみです。
  • モーツァルト
    • ホルン協奏曲第1番
    • ホルン協奏曲第2番 <以上,2006.6>
    • ホルン協奏曲第3番 <2005.6>
    • ホルン協奏曲第4番 <2007.6>
      • アレッシオ・アレグリーニ(ホルン),
        アバド指揮,モーツァルト管
      • 独GRAMMOPHON 477 8083 (2CD)


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!


フローランス・ドラージュのショパンの前奏曲集ほか

 昨年11月18日のこの欄に「コルトー最後の弟子」フローランス・ドラージュのCDについて書き込んでいたところですが,これに続く録音として,ショパンの24の前奏曲の全曲ほかを収録したCDが発売になりました。

 今回の録音で弾いているピアノも,コルトーが使用していた1896年製のスタインウェイで,コルトー自身も得意としたこれらの作品が,ドラージュによってどんな演奏で聴くことができるのか非常に楽しみです。
  • ショパン
    • 24の前奏曲
    • 舟歌
    • 子守歌
    • ポロネーズ第7番「幻想」
      • フローランス・ドラージュ(ピアノ) <2010.9>
      • 仏INDESENS! INDE 031
        実は・・・


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.13


2010年の第16回ショパン・コンクールのライヴ録音の第3回発売

 ポーランド国立ショパン協会からリリースされることになった,昨年の第16回ショパン・コンクールのライヴ録音の第3回発売となる2点のCDを入手しまし た。

 今回発売されたのは第4位のエフゲニー・ボジャノフと,第5位のフランソワ・デュモンの録音です。いずれのCD も2枚組で,第1次予選から決勝までの演奏が収録されています。

 これまで発売されてきたこのコンクールの上位入賞者のライヴ録音を聴いてみたところ,いずれも大変に秀逸な演奏を聴くことができており,非常にレベルの高いコンクールだったことが実感されるのですが,今回発売の2人もどんな演奏を聴かせてくれるのか非常に楽しみです。
  • ショパン
    • 夜想曲第17番 作品62の1
    • 練習曲 作品10の11 変ホ長調
    • 練習曲 作品10の5 ト長調 「黒鍵」
    • バラード第3番 <以上,2010.10.5>
    • 舟歌
    • マズルカ風ロンド
    • 即興曲第3番
    • ポロネーズ第9番
    • ワルツ第5番
    • マズルカ第36~38番 作品59 <以上,2010.10.11>
    • ポロネーズ第7番「幻想」
    • ピアノ・ソナタ第3番 <以上,2010.10.14>
      • エフゲニー・ボジャノフ(ピアノ)
    • ピアノ協奏曲第1番 <2010.10.18>
      • エフゲニー・ボジャノフ(ピアノ),
        アントニー・ヴィット指揮,ワルシャワフィル
      • 波Narodowy Instytut Fryderyka Chopina NIFCCD 608/9 (2CD)
        実は・・・
  • ショパン
    • 夜想曲第13番 作品48の1
    • 練習曲 作品10の10 変イ長調
    • 練習曲 作品25の11 イ短調 「木枯らし」
    • スケルツォ第3番 <以上,2010.10.7>
    • ワルツ第5番
    • 幻想曲
    • マズルカ第30~32番 作品50
    • 舟歌
    • ポロネーズ第6番「英雄」 <以上,2010.10.13>
    • ポロネーズ第7番「幻想」
    • 子守歌
    • 即興曲第1番 <以上,2010.10.16>
    • 即興曲第3番 <2010.10.13>
    • ピアノ・ソナタ第3番 <2010.10.16>
      • フランソワ・デュモン(ピアノ)
    • ピアノ協奏曲第1番 <以上,2010.10.20>
      • フランソワ・デュモン(ピアノ),
        アントニー・ヴィット指揮,ワルシャワフィル
      • 波Narodowy Instytut Fryderyka Chopina NIFCCD 610/11 (2CD)
        実は・・・

NIFCCD 608/9 NIFCCD 610/11

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.12


タン・シヤオタンのショパンほかのCD

 タン・シヤオタン(Tang XiaoTang 譚小棠, 1979-)というピアニストをご存じでしょうか。北京生まれで北京中央音楽院のピアノ科を首席で卒業後,ヨーロッパに留学しミュンヘン音楽大学でゲルハルト・オピッツに,パリのエコール・ノルマルでマリアン・リビツキに学んでいます。

 2000年の第14回ショパンコンクールに出場し,第3次予選まで進んだものの,ファイナル出場はなりませんでした。その後2002年の中国アモイ「金の鐘賞」ピアノコンクールて優勝し,2004年の第2回仙台国際音楽コンクールでも優勝,さらに2005年の第9回アニマート大賞ランコントル国際ピアノコンクールでも優勝し,現在は活発な演奏活動を行っています。

 タン・シヤオタンは仙台国際音楽コンクールの優勝者ということで,仙台では何度も演奏会を行っていておなじみですし,国内のオーケストラとの共演も重ねてきているところですが,CDはというとショパンコンクールのライヴ録音CD(波DUX Kch14-01)にバラード第1番が収録されているのと,仙台国際音楽コンクールのライヴ録音CDセット(音楽之友社 OCD 0121)にファイナルで弾いたチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番が収録されている程度ではないでしょうか。

 そのタン・シヤオタンのCDがスイスのTUDORから発売になりました。収録されているのはショパンの作品と,中国の作曲家イエ・シアオガン(Ye Xiaogang 葉小鋼, 1955-)と,チェン・チーガン(Chen Qigang 陳其鋼, 1951-)の近作です。これは待望のタン・シヤオタンの録音であり,どんな演奏が聴けるのか非常に楽しみです。
  • ショパン
    • バラード第1番
    • スケルツォ第2番
    • ポロネーズ第5番
    • マズルカ第18~21番 作品30
    • ワルツ第1番
    • 夜想曲第13,14番 作品48
  • イエ・シアオガン
    • ナムクオ(2006)
  • チェン・チーガン
    • 京劇の瞬間(2004)
      • タン・シヤオタン(ピアノ) <2008-2009>
      • 瑞西TUDOR 7157
        実は・・・


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.11


ニージェルスキのショパンの葬送ソナタと練習曲

 レアなLPやSP復刻CDを継続的にリリースしているグリーンドア音楽出版の新譜で,スタニスワフ・ニージェルスキのショパンの葬送ソナタと練習曲を収録した1枚が発売になりました。仏デュクレテ・トムソンのLP(320 C 024)からの復刻です。

 ニージェルスキ(Stanislas Niedzielski, 1905-1975)は,ワルシャワに生まれ,母国で名ショパン弾きのヨーゼフ・スリヴィンスキとヘンリク・オピンスキに学んだ後,スイスでパデレフスキにも学んでおり,1932年の第2回ショパンコンクールに出場したものの15位までの入賞の枠には入らず,さらに10人に与えられた優秀賞も受賞できませんでした。

 ピアニストとしての演奏活動は20歳の頃から開始しており,ヨーロッパだけでなく南アフリカ,オーストラリア,ニュージーランドなどでも演奏を行ったほか,シリル・スコットのピアノ協奏曲第1番や,ホアキン・トゥリーナのピアノ曲「スペインの物語第2集」の世界初演も行っています。

 ニージェルスキの演奏は,特にパリで人気を博していたのですが,独自の効果的な演奏スタイルが小手先だけのものと評する向きもあって「小売商の巨匠」などとも言われていました。とはいえ,人気があっただけにSP時代からLP時代にかけて少なからぬ録音が残されています。

 ニージェルスキの録音のCD化は進んでおらず,輸入盤では自身の編曲によるヨハン・シュトラウス2世のワルツ「千夜一夜」がナクソスやAPRから発売されているのが目に付く程度で,あとはマニアックなピアノ演奏の録音を数多くCD化しているDIW CLASSICSの3点のCDにショパンとモーツァルトの作品が合計6曲収録されている程度ではないでしょうか。

 今回のCDには葬送ソナタのほか,エチュードなどが9曲収録されていますが,上述のCDとの重複はありません。私自身,ニージェルスキの演奏を良く聴き知っているというわけではないので,今回のCDの発売を機にじっくりと聴いてみたいと思っています。
  • ショパン
    • ピアノ・ソナタ第2番「葬送」
    • 12の練習曲 作品25~第12曲 ハ短調
    • 12の練習曲 作品10~
      • 第3曲 ホ長調「別れの曲」
      • 第5曲 変ト長調「黒鍵」
    • 3つの新しい練習曲~第3曲 変イ長調
    • 12の練習曲 作品25~
      • 第3曲 ヘ長調
      • 第10曲 ロ短調
      • 第2曲 ヘ短調
      • 第9曲 変ト長調
    • 12の練習曲 作品10~第12曲 ハ短調「革命」
      • スタニスワフ・ニージェルスキ(ピアノ)
      • GREEN DOOR GDCL-0061


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.10


ワールド・オーケストラ・フォア・ピースのアブダビ・ライヴ

 1995年に国連創設50周年を記念して,ゲオルグ・ショルティのもとに世界各国から集まったオーケストラ奏者により創設されたワールド・オーケストラ・ フォア・ピースは,現在はワレリー・ゲルギエフが指揮者を務めており,おおむね年に1回程度の演奏会を行っているのですが,今年の1月4日にはアブダビのエミレーツ・パレスで行われた演奏会のライヴDVDが発売されまし た。

 プログラムはプロコフィエフの古典交響曲とチャイコフスキーの交響曲第5番を中心とした,ゲルギエフ得意のレパートリーとなっており,熱い演奏が繰り広げられていることを期待したいですね。

 なお,このDVDにはボーナストラックとして,このオーケストラの歩みを振り返る20分強のドキュメンタリーも収録されています。言語は英語で字幕はドイツ語のみということです。
  • ロッシーニ
    • 歌劇「ウィリアム・テル」序曲
  • プロコフィエフ
    • 交響曲第1番「古典」
  • チャイコフスキー
    • 交響曲第5番
  • ヨハン・シュトラウス2世
    • トリッチ・トラッチ・ポルカ
      • ゲルギエフ指揮,ワールド・オーケストラ・フォア・ピース <2011.1.4>
      • 独C MAJOR 707008 (DVD)
        実は・・・


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.9


チョン・ミュンフン指揮,ソウルフィルの独グラモフォン・デビューCD

 韓国出身の世界的指揮者チョン・ミュンフンは,2006年からソウル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めており,就任後はオーケストラのレベルアップを図るとともに,海外ツアーを積極的に行うなど,今やワールドクラスのオーケストラといいうるまでになっています。

 両者は今年の5月に来日して,東京,大阪,富山での公演を行ったばかりで,曲目はいずれも庄司紗矢香のソロによるヴァイオリン協奏曲と悲愴交響曲でしたが,全公演とも東日本大震災のチャリティコンサートとして実施されていたところです。

 さらに,ドイツ・グラモフォンからは,両者のデビューCDが発売になりました。2010年5月20日にソウル・アーツ・センターで録音されたもので,ラ・ヴァルスはライヴ録音ということです。

 これは韓国ユニヴァーサルのローカルリリースではなく,独グラモフォンのインターナショナルリリースであり,CDはドイツ製ですが,解説書は英独仏語のほか韓国語でも記載されていました。

 同レーベルのインターナショナル盤では,日本人演奏家の録音であっても日本語解説が掲載されることは無いので,何だか釈然としない思いがしてしまったのですが,日本の場合は別に国内盤がリリースされることから,それに配慮してあえて日本語解説は掲載していないのかもしれません。だとしたら,いっそのこと国内盤の制作はやめて日本語解説付きの輸入盤に統一してもらった方がありがたいというのは過激な意見でしょうか。
  • ドビュッシー
    • 交響詩「海」
  • ラヴェル
    • バレエ「マ・メール・ロワ」
    • ラ・ヴァルス
      • チョン・ミュンフン指揮,ソウルフィル <2010.5.20>
      • 独GRAMMOPHON 476 449-8


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.8


メジューエワのシューベルト録音第2弾

 若林工房から精力的に録音をリリースしているメジューエワは,今年になってシューマンとシューベルトのCDをそれぞれリリースしていたところですが,新たにシューベルトの第2弾となる2枚組CDが発売になりました。

 収録内容は以下のとおりですが,今回の収録内容を見て気付いたのは,今年の4月に録音されていたCD1は96KHz/24BitのPCM録音なのに対し,6月に録音されたCD2はDSD録音なのです。

 この2つの録音方式の違いによる音の違いも興味津々ですが,今後これらの録音がSACDで発売される布石だったらもっと嬉しいのですが,ぜひともそうなってほしいですね。
  • CD1
  • シューベルト
    • ピアノ・ソナタ第14番
    • 4つの即興曲 作品142 D935 <以上,2011.4>
  • CD2
  • シューベルト
    • さすらい人幻想曲
  • シューベルト(リスト編)
    • さすらい人
    • 水車小屋の男と小川
    • 連祷
  • シューベルト
    • 3つのピアノ曲 D946 <以上,2011.6>
      • メジューエワ(ピアノ)
      • 若林工房 WAKA-4155/56 (2CD)


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!


ダニール・トリフォノフのメジャーデビュー録音のショパン

 昨年の第16回ショパンコンクールで第3位となったダニール・トリフォノフ(Danil Trifonov, 1991-)は,イタリアのユニバーサル・ミュージックと録音契約を締結したようで,伊デッカのレーベルからデビュー録音となるショパンの作品集が発売になりました。

 この契約はショパンコンクールの入賞を踏まえてのものかと思ったのでしたが,収録内容を見ると,昨年5月と11月のリサイタルのライヴ録音が収録されており,これはショパンコンクールの前と後になります。ということは,ショパンコンクールに出場前からトリフォノフに注目していたということでしょうか。ちなみに,収録されている曲目は全てショパンコンクールでも演奏していた作品です。

 トリフォノフのショパン・コンクールのライヴ録音CDはすでに発売されており,私も感想を書き込んでいるところですが,今年に入って,第13回ルービンシュタイン・コン クールと,第14回チャイコフスキー国際音楽コンクールに出場してその両方で優勝するなど,その後も勢いの衰えないトリフォノフがどんな演奏を聴かせているのか興味深いですし,今後の活動も要注意ですね。
  • ショパン
    • マズルカ風ロンド
    • ワルツ第1番
    • 練習曲 作品10の8 ヘ長調
    • アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ <以上,2010.5>
    • マズルカ第33~35番 作品56
    • ピアノ・ソナタ第3番 <以上,2010.11>
      • ダニール・トリフォノフ(ピアノ)
      • 波DECCA 476 4347


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.7


ALTUSのムラヴィンスキーとクリュイタンスのSACD化

 貴重なライヴ録音を数多くリリースしているALTUSレーベルの第1回発売は,ムラヴィンスキーとレニングラードフィルの1973年5月26日の来日公演のライヴ録音を収録した2枚のCDで2000年7月の発売でした。第2回発売はクリュイタンスとパリ音楽院管の1964年7月の来日公演の2つの演奏会を収録した2点のCDで2000年10月の発売でした。

 これらは発売当時大きな話題となり,今なお評価の高いCDではないかと思うのですが,ALTUSでは新たに,既出録音のSACD化をスタートさせたようで,ムラヴィンスキーの2点と,クリュイタンスの幻想交響曲ほかを収録したものとの合計3点が発売になりました。

 これらはいずれもNHKの音源で,門外不出のマスターテープをテレフンケンのオープンリールデッキで再生し,DSD化したとのことです。高音質化のため,SACDシングルレイヤに非圧縮で収録されています。

 これらの録音がCDで発売された際には,ムラヴィンスキーの方はすぐにCD感想を書いていたのに対し,クリュイタンスの方は情報量が少なく聴感上も貧相な音質が不満で感想も書いていませんでした。このクリュイタンスのライヴは一部を除き1986年にキングレコードからもCD化されていましたが,その際の音質も満足できるものではありませんでした。

 個人的にも,NHKのマスターテープから直接DSD化したSACDの音質というのは期待が大きかったので,さっそく入手して聴いてみましたが,期待どおりというか,あるいは期待以上というか,CDとは全く別次元の音質を聴くことができました。

 特にムラヴィンスキーの方は,音のリアリティもエネルギー感も大変なもので,まさに目の前で演奏を聴いているようなリアリティがあり,演奏の姿が手を取るように感じ取れますし,CDで聴いていたときよりも遙かに演奏の実像に迫れるのではないかと思いました。

 その一方で,ドルビーなどのノイズリダクションを使用していたからなのか,ヒスノイズはほとんど聴こえないのはいいのですが,高域が硬くツルッとしていて,抜けが悪いので,耳に重たく感じられ,聴き疲れがします。こういった音の傾向はDSD録音でときおり感じられるのですが,何が原因なのかはよくわかりません。

 クリュイタンスの方は,1964年の録音ということで,音像がやや遠く,音の情報量も控えめで,一定レベルのヒスノイズも聴こえるのですが,DSDへの変換が良好なこともあってか,自然な音像空間が広がり,音色や響きの再現性もよく,聴感も自然で違和感を感じません。この音質で聴けるならぜひCD感想を書かねばと思ってしまいました。

 ということで,今回発売の3点のSACDはいずれもCDとは比較にならない,驚異的な音質改善がみられ,文字通り鳥肌が立つほどの聴体験をもたらしてくれるものだと思います。発売元のインフォメーションによれば限定盤とのことですので,入手はお早めに。
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第4番
  • リャードフ
    • ババ・ヤガー
  • グラズノフ
    • バレエ「ライモンダ」~第3幕への間奏曲
      • ムラヴィンスキー指揮,レニングラードフィル<1973.5.26>
      • ALTUS ALTSA 001 (SACD)
  • ショスタコーヴィチ
    • 交響曲第5番
      • ムラヴィンスキー指揮,レニングラードフィル<1973.5.26>
      • ALTUS ALTSA 002 (SACD)
  • ベルリオーズ
    • 幻想交響曲
  • ムソルグスキー(ラヴェル編)
    • 組曲「展覧会の絵」~古城
  • ビゼー
    • 「アルルの女」第2組曲~ファランドール
      • クリュイタンス指揮,パリ音楽院管 <1964.5.10>
      • ALTUS ALTSA 003 (SACD)

ALTSA 001 ALTSA 002 ALTSA 003

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.6


ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団アンソロジー第6集

 ロイヤル・コンセルトヘボウ管のライヴ録音のアンソロジーは,第1集が1940~50年,第2集が1950~60年といったように,10年間分の録音を収録したボックスが発売されてきているのですが,最新盤となる第6集(1990~2000年)のボックスが発売になりました。

 今回は14枚のCDに37曲が収録されており,登場する指揮者25人にもなります。全14枚のCDの収録内容は,ここに記載しきれないことから,別ページにまとめましたのご覧下さい

 この収録内容を見ても,1990年代も充実した演奏が数多く行われていたことに改めて気付かされる思いがしますし,あまりに聴き応えがありすぎて,全部聴くのには相当の期間を要しそうです。

 それと,今は2011年ですかから,第7集(2000~2010年)のライヴ録音のボックスもぜひ発売になって欲しいですね。

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.5


フィリップ・グラスのチェロ協奏曲第1番

 スティーヴィー・ライヒやテリー・ライリーなどと共に,ミニマルミュージックの中心的存在と目されているフィリップ・グラス(Philip Glass, 1937-)は,簡潔で効果的なリズムやフレーズを繰り返す作品を数多く作曲しており,聴きやすさの中にも思いがけず深い表現が垣間見える,大変印象的な風に特色があると思っているところです。

 グラスはこれまで様々な編成の作品を作曲してきましたが,2001年になって初めてのチェロ協奏曲を作曲し,2001年10月21日に北京で,ジュリアン・ロイド・ウェッバーのチェロとユー・ロン指揮の中国フィルによって初演されていました。

 これまでこの作品の録音はありませんでしたが,グラスは2007年にアメリカの若手女性チェリスト,ウェンディ・サッターの演奏を聴いて高く評価して,この作品の演奏を薦めており,サッターも世界各地でこの作品を演奏してきたのですが,昨年7月にエクアドルの首都キトでオーケストラ・オブ・アメリカと行った録音のCDが発売になりました。

 グラスの作品のキャラクターと,音域の低いチェロとの相性は正直なところピンと来ないところもあるのですが,いったいどんな作品&演奏になっているのか楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • フィリップ・グラス
    • チェロ協奏曲第1番(2001) <2010.7.31>
      • ウェンディ・サッター(チェロ),
        ダンテ・アンツォリーニ指揮,オーケストラ・オブ・アメリカ
      • 米Orange Mountain Music 0076
        実は・・・


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.4


露VENEZIAレーベルのリヒテルの初出ライヴ録音が2点

 メロディア系の音源を良好な音質で続々とリリースしている露VENEZIAレーベルの新譜として,リヒテルのライヴ録音が2点発売になりました。

 これら2点のCDに収録されている録音は全て初出音源ですし,特にプロコフィエフのチェロ協奏曲第2番は初演時のライヴ録音であり,当時指を痛めていたリヒテルが生涯唯一の指揮をしている点でも大変貴重な録音です。また,ラフマニノフ編のクライスラーの「愛の喜び」のリヒテルの録音はこれが唯一です。

 今回の録音はリヒテルのピアニストとしてのキャリア初期の録音が数多く含まれており,後年の演奏とは異なる,ストレートで圧倒的な演奏が聴けることを期待したいですね。
  • ムソルグスキー
    • 組曲「展覧会の絵」 <1949.12.8>
  • バッハ
    • ソナタ ニ長調 BWV963 <1948.2.27>
  • クライスラー(ラフマニノフ編)
    • 愛の喜び <1947>
      • リヒテル(ピアノ)
  • プロコフィエフ
    • ヘブライの主題による組曲 <1951.12.16>
      • イワン・モズゴヴェンコ(クラリネット),
        ロスティスラフ・ドゥビンスキー(ヴァイオリン),
        ニーナ・バルシャイ(ヴァイオリン),
        ルドルフ・バルシャイ(ヴィオラ),
        ヴァレンティン・ベルリンスキー(チェロ),
        リヒテル(ピアノ)
    • チェロ協奏曲第2番(交響的協奏曲) <1952.2.18>
      • ロストロポーヴィチ(チェロ),
        リヒテル指揮,モスクワ・ユース管
      • 露VENEZIA CDVE 4382 (2CD)
  • バッハ
    • ピアノ協奏曲第6番 BWV1057 <1978.3.26>
      • リヒテル(ピアノ),
        ユーリ・ニコラエフスキー指揮,モスクワ音楽院室内管
  • モーツァルト
    • (ピアノ)協奏曲第18番 <1977.1.9>
      • リヒテル(ピアノ),
        コンドラシン指揮,モスクワフィル
  • ブラームス
    • 幻想曲集作品116~第3,5,6,7曲 <1964.5.28>
      • リヒテル(ピアノ)
      • 露VENEZIA CDVE 4384

CDVE 04382 CDVE 04384

※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.3


イングリッド・フリッターのベートーヴェンのピアノ・ソナタ新譜

 ブエノスアイレス生まれの女流ピアニスト,イングリッド・フリッター(Ingrid Fliter, 1973-)は,ユンディ・リの優勝した2000年の第14回ショパンコンクールで第2位であったのですが,ようやく2008年になって英EMIからメジャー・デビューを果たしており,これまでショパンの作品のCDを2点リリースしているのですが,新譜としてベートーヴェンのピアノ・ソナタを3曲収録したCDが発売になりました。

 フリッターはリサイタルにおいて,ショパンの作品と並んでベートーヴェンの作品をレパートリーとしているところなので,自身のベートーヴェン演奏というものがしっかり表現できていることを期待したいですし,これも楽しみに聴かせてもらおうと思っています。
  • ベートーヴェン
    • ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」
    • ピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」 <以上,2010.12.11-13>
    • ピアノ・ソナタ第23番「熱情」 <2011.1.15&16>
      • イングリッド・フリッター(ピアノ)
      • 英EMI 0 94573 2


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.2


オタケンのブライトクランクLP復刻のバイロイトの第9

 これまでも様々な復刻CDをリリースしてきたオタケン・レコードの新譜で,またまたフルトヴェングラーのバイロイトの第9のCDが発売になりました。

 今回の音源は「厳重空調管理された某盤庫より蔵出しされた未通針と思われるいわゆる白レーベル・非売品見本盤」のLPだそうで,いわゆるブライトクランク盤のLPです。見本盤はマスターから起こされたスタンパーから最初にプレスされた盤であることから極めてマスターに近い音が再生されるとのことです。

 さっそく聴いてみましたが,東芝EMIのブライトクランクCDよりも,ナチュラルでニュアンスに富んだ音であり,あまり違和感を感じずに聴けるのは良いのですが,ダイナミックレンジが押さえられており,音の密度も薄目であることから,エネルギー感や表現力に乏しく,微温的で間延びした演奏に聴こえてしまうのが残念なところで,個人的にはこの名演のスタンダードとしてお薦めできるような音質ではなく,マスタリングのバリエーションの1つとして珍重するといった類のものではないかというのが正直な印象でした。
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第9番「合唱」 <1951.7.29>
      • シュヴァルツコップ(ソプラノ),
        エリーザベト・ヘンゲン(アルト),
        ハンス・ホップ(テノール),
        オットー・エーデルマン(バス),
        フルトヴェングラー指揮,バイロイト祝祭管&合唱団
      • OTAKEN TKC-339


※コメントは掲示板へ。 |この雑談のタイトルとURLをつぶやく| 1日1回のランキングへの投票をお願いします!

2011.8.1


前月翌月バックナンバー一覧