クラシック音楽CDの雑談(2005年9月)

ふと思ったことなどを寝言みたいに書いてます・・・


クロアチア・レコードのマタチッチ復活

 クロアチアの名指揮者ロヴロ・フォン・マタチッチ(Lovro von Matacic,1899-1985)は,少なからぬ録音を残しているだけでなく,最近はライヴ録音の発掘も盛んに行われているところですが,何年か前に母国クロアチアのクロアチア・レコードというレーベルからもスメタナの「わが祖国」チャイコフスキーの交響曲第5番,ヤナーチェクのシンフォニエッタを収録した2枚組が発売されており,私も聴いた感想を書き込んでいたところでしたが,この個性的な名演も現在は入手困難となっていました。

 このマタチッチのクロアチア・レコード盤が,ジャケットデザインなどを一新して再発売されるとのことです。価格も2枚組で1枚分価格と求めやすく,これを機にぜひ一聴をお薦めしたいと思います。
  • スメタナ
    • 連作交響詩「わが祖国」<1979>
  • チャイコフスキー
    • 交響曲第5番 <1975>
  • ヤナーチェク
    • シンフォニエッタ <1979>
      • マタチッチ指揮,ザグレブフィル
      • クロアチアCROATIA RECORDS CD5632207 (2CD)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.27


AUDITEのクーベリック新譜

 ドイツのAUDITEレーベルは,クーベリックのライヴ録音や放送録音を数多く発売してきているところで,それが最近はSACDハイブリッド盤でも発売されるようになり,シューベルトの交響曲第3,9番,ミサ曲第6番,マーラーの交響曲第8番の3点がすでにリリース済みですが,SACDレイヤの方にはマスタリング前のオリジナルマスターも収録されているのが愛好家には嬉しいところでした。

 さらにクーベリックのSACDハイブリッド盤の新譜として,今度はブルックナーの交響曲第3番のライヴ録音が発売予告されています。今回もSACDレイヤにはマスタリング前のオリジナルマスターも収録されていますし,クーベリックのブルックナー3番というと,同じバイエルン放送響とのソニークラシカルへの録音が名盤として名高いだけに,ライヴ録音ではさらに優れた演奏が聴けるのではないかと思いますし,発売が楽しみです。
  • ブルックナー
    • 交響曲第3番 <1970.1.30>
      • クーベリック指揮,バイエルン放送響
      • 独AUDITE AU 92543 (SACD Hybrid)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.26


ガウク指揮の運命と第9

 旧ソ連の名指揮者アレクサンドル・ガウク(Alexandre Gauk, 1893-1963)は,スヴェトラーノフやムラヴィンスキーの師でもあり,1958年のレニングラードフィルの初来日の際には,病気のムラヴィンスキーに代わって来日公演の指揮者を務めました。

 ガウクの演奏は大変ロマンティックなものだったのだそうですが,ガウクの録音のCDは協奏曲を指揮したものが多く,私自身も明快なイメージを持てずにいるのですが,そのガウクの指揮によるベートーヴェンの運命交響曲が発売予告されています。

 この運命交響曲は韓国イエダン・クラシック盤に収録されているものと同じ録音かもしれませんが,今回はカップリングとして第9の第4楽章のプレスト以降が収録されているということです。何だかずいぶん中途半端な収録という気もしますが,これも楽しみなリリースではないでしょうか。
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第5番「運命」 <1957>
      • ガウク指揮,モスクワ放送響
    • 交響曲第9番「合唱」〜第4楽章プレスト以降(歌詞:ロシア語)
      • ガウク指揮,モスクワ放送響,ソヴィエト・アカデミック・ロシア合唱団,
        ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(ソプラノ),N・ポスタヴィンチェワ(アルト),
        ウラディーミル・イワノフスキー(テノール),イワン・ペトロフ(バス)
      • 露VENEZIA CDVE 04231
  • (参考CD)
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第5番「運命」 <1957.1.23>
      • ガウク指揮,モスクワ放送響
    • 交響曲第5番「運命」
      • ムラヴィンスキー指揮,レニングラードフィル
      • 韓国YEDANG CLASSICS YCC-0158


※コメントは掲示板へ。

2005.9.25


ラヴェルとショーソンのピアノ三重奏曲

 最近あまり書かなくなりましたが,私はフランス近代の作品を特に愛好しており,新譜が発売されるときには優先して入手するようにしているところですが,あまり人気がないからなのか,録音されることは決して多くはないと感じているところです。

 今年になって登場した英ONYXレーベルは,名演奏家を起用して興味深い録音をリリースしているところですが,新譜として1995年からトリオとして活動している,パスカル・ロジェ,小林美恵と長谷川陽子による,ラヴェルとショーソンのピアノ三重奏曲が発売予告されています。これは個人的にも大変楽しみなリリースですし,このレーベルからは今後どんな録音が発売されるのか興味津々です。
  • ラヴェル
    • ピアノ三重奏曲
  • ショーソン
    • ピアノ三重奏曲
      • パスカル・ロジェ(ピアノ),小林美恵(ヴァイオリン),
        長谷川陽子(チェロ)
      • 英ONYX ONYX4008


※コメントは掲示板へ。

2005.9.24


トスカニーニのDVD復活

 20世紀の大指揮者アルトゥーロ・トスカニーニ(Arturo Toscanini,1867-1957)は,テレビ放映用の映像も数多く残しており,これまでLDやDVDでも発売されていたところで,私も2002年7月に5枚組セットで発売されたときには求めやすい価格でもあったので飛び付いて入手したのでしたが,これは限定盤ということで現在は入手不能です。

 最近になってCDのみならずDVDのリリースも開始した英TESTAMENTが,このトスカニーニのDVDを分売で発売予告されています。価格的には東芝のセットと同水準のようですが,分売なので求めやすいですし。何よりも収録されている演奏はいずれも出色のもので,音質も良く,必見・必聴の内容なので,これは世界的に待望のリリースといえるのではないでしょうか。
  • ワーグナー
    • 歌劇「ローエングリン」〜第3幕への前奏曲
    • 歌劇「タンホイザー」〜序曲とバッカナール
    • 楽劇「ジークフリート」〜森のささやき
    • 楽劇「神々の黄昏」〜夜明けとジークフリートのラインへの旅
    • 楽劇「ワルキューレ」〜ワルキューレの騎行 <以上,1948.3.20, NBC New York Studio 8-H >
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第9番「合唱」 <1948.4.3, NBC New York Studio 8-H >
      • トスカニーニ指揮,NBC響,ロバート・ショウ指揮の合唱団
        アン・マックナイト(ソプラノ),ジェーン・ホブソン(メゾ・ソプラノ),
        アーウィン・ディロン(テノール),ノーマン・スコット(バス)
      • 英TESTAMENT SBDVD 1003
  • ブラームス
    • ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲
    • 愛の歌 作品52 (ピアノと合唱による演奏)
    • ハンガリー舞曲第1番 <以上,1948.11.13, NBC New York Studio 8-H >
  • モーツァルト
    • 交響曲第40番
  • ドヴォルザーク
    • 交響的変奏曲 作品78
  • ワーグナー
    • 歌劇「タンホイザー」序曲 <以上,1948.12.4, NBC New York Studio 8-H >
      • トスカニーニ指揮,NBC響,
        ミッシャ・ミシャコフ(ヴァイオリン),フランク・ミラー(チェロ)
        アウルトゥール・バルサム(ピアノ),ジョゼフ・カーン(ピアノ),合唱団
      • 英TESTAMENT SBDVD 1004
  • ヴェルディ
    • 歌劇「アイーダ」第1&2幕(演奏会形式) <1949.3.26, NBC New York Studio 8-H >
    • 歌劇「アイーダ」第3&4幕(演奏会形式) <1949.4.2, NBC New York Studio 8-H >
      • トスカニーニ指揮,NBC響,ロバート・ショウ指揮の合唱団
        ヘルヴァ・ネッリ(ソプラノ:アイーダ),エヴァ・ギュスターヴソン(メゾ・ソプラノ:アムネリス),
        リチャード・タッカー(テノール:ラダメス),ジュゼッペ・ヴァルデンゴ(バリトン:アモナスロ),
        デニス・ハーバー(バス:エジプト王),テレサ・シュティッヒ=ランダル(ソプラノ:巫女の長)
      • 英TESTAMENT SBDVD 1005
  • ウェーバー
    • 歌劇「オイリアンテ」序曲
  • ブラームス
    • 交響曲第1番 <以上,1951.11.3, Carnegie Hall in New York >
  • ワーグナー
    • 歌劇「ローエングリン」〜第1幕への前奏曲
    • 楽劇「ジークフリート」〜森のささやき
    • 楽劇「トリスタンとイゾルデ」〜前奏曲と愛の死
    • 楽劇「神々の黄昏」〜ジークフリートの死と葬送行進曲
    • 楽劇「ワルキューレ」〜ワルキューレの騎行 <以上,1951.12.29, Carnegie Hall in New York >
      • トスカニーニ指揮,NBC響
      • 英TESTAMENT SBDVD 1006
  • フランク
    • 交響詩「贖罪」
  • シベリウス
    • 交響詩「エン・サガ」
  • ドビュッシー
    • 夜想曲〜雲と祭
  • ロッシーニ
    • 歌劇「ウィリアム・テル」序曲 <以上,1952.3.15, Carnegie Hall in New York >
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第5番「運命」
  • レスピーギ
    • 交響詩「ローマの松」 <以上,1952.3.22, Carnegie Hall in New York >
      • トスカニーニ指揮,NBC響
      • 英TESTAMENT SBDVD 1007



※コメントは掲示板へ。

2005.9.23


ケーゲルのライヴ録音新譜

 昨日,クルト・ザンデルリンクのライヴ(放送)録音新譜について書き込んでいたところですが,同じく独WEITBLICKから,ケーゲルのライヴ録音も発売予告されています。このレーベルからはすでにケーゲルの録音が数多く発売されているところですが,今回はベートーヴェンの交響曲とマーラーの「大地の歌」という,いずれも楽しみな曲目です。特にケーゲルの「大地の歌」の録音は初登場です。1970年代の録音ということで,音質の面でも期待できそうですし,楽しみなリリースです。
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第8番 <1974.5.14>
    • 交響曲第3番「英雄」 <1975.9.2>
      • ケーゲル指揮,ライプツィヒ放送響
      • 独WEITBLICK SSS 0051
  • マーラー
    • 交響曲「大地の歌」 <1977.4.5>
      • ヴィエラ・ソウクポヴァー(アルト),ライナー・ゴルトベルク(テノール),
        クルト・ザンデルリンク指揮,ライプツィヒ放送響
      • 独WEITBLICK SSS 0052


※コメントは掲示板へ。

2005.9.22


ザンデルリンクのライヴ(放送)録音新譜

 惜しまれつつ引退したドイツの名指揮者クルト・ザンデルリンク(Kurt Sanderling, 19120)は,特にキャリアの後半において必ずしもレコーディングに積極的ではなかったのですが,ときおり発売されるライヴ録音は素晴らしい名演であったりするので,残されたライヴ録音のリリースを待ち望んでいたところでした。

 ここのところ,未発表のライヴ録音を続々発掘してリリースしているドイツのprofilレーベルでは,ザンデルリンクの録音もリリースするようで,その第1弾として,1994年のブルックナーの交響曲第4番が発売されたところです。
  • ブルックナー
    • 交響曲第4番 <1994.11.4>
      • ザンデルリンク指揮,バイエルン放送響
      • 独profil PH 05020
 さらに,旧東ドイツの放送録音などをリリースしているドイツのWeitblickからも,ライプツィヒ放送響との放送録音とライヴ録音が発売予告されています。しかも曲目にR・シュトラウスの「英雄の生涯」が含まれているのが興味津々で,清澄で悠然とした演奏が堪能できるのではないかと期待しています。これも発売が楽しみですね。
  • ベートーヴェン
    • 「エグモント」序曲 <1969.1>
  • ヘンデル
    • 合奏協奏曲 作品3の6 <1972.9>
  • R・シュトラウス
    • 交響詩「英雄の生涯」 <1972.2>
      • クルト・ザンデルリンク指揮,ライプツィヒ放送響
      • 独WEITBLICK SSS 0055


※コメントは掲示板へ。

2005.9.21


コルボ指揮のフォーレのレクイエム

 フォーレのレクイエムがお好きな方は少なからずいらっしゃるのではないかと思われますが,この作品の名録音とされているものの1つに,ミシェル・コルボが指揮した録音があります。

 コルボのフォーレのレクイエムの名録音として愛好家の間で名高いのは,1972年にベルン交響楽団や,サン・ピエール=オ=リアン・ド・ビュル聖歌隊などと録音したエラート盤があり,私も愛聴してきたものでした。

 コルボは20年後の192年になって,ローザンヌ・アンサンブル他とこの作品を再録音し,フランスのfnacレーベルからCDが発売され,この録音は現在は英EMI-Virjinから発売されているところです。

 そのコルボが三度,フォーレのレクイエムの録音をリリースすることになりました。今回は今年の2月14日の東京オペラシティ コンサートホールでのライヴ録音で,前回の録音同様にローザンヌのアンサンブルとの録音です。

実はコルボは2003年に癌と診断され,手術と療養に努めていたのですが,2004年の末には復帰のコンサートを行い,来日公演はそれに続くものでしたが,その美しく充実した演奏は語り草になっているとのことであり,どんな演奏が聴けるのか大変楽しみですし,SACDハイブリッド盤で発売されるとのことなので,さらに期待が膨らんでいます。今回は室内オーケストラ編成の1893年版の演奏だとのことです。
  • フォーレ
    • レクイエム(1893年版)
      • 谷村由美子(ソプラノ),マルコス・フィンク(バリトン),
        コルボ指揮,ローザンヌ声楽・器楽アンサンブル
      • AVEX CLASSICS AVCL 25046 (SACD Hybrid)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.20


大晦日の「振るマラソン」コンサート

 2003年の大晦日に,作曲家の三枝成章氏の発案により,ベートーヴェンの交響曲全9曲1日で演奏するという演奏会が企画され,指揮者として白羽の矢が立ったのは,岩城宏之氏でした。さすがに岩城氏をもってしても全9曲を連続して指揮するというのは体力的にも無理と判断し,大友直人氏と金聖響氏との3人交代で指揮をすることになりました。

 この演奏会のとき,岩城氏は他の指揮者が指揮しているときには楽屋に控えていたのですが,その間も早く指揮をしたくていたたまれない思いをしたとのことで,打ち上げの席上で翌年には1人で指揮をしてやろうと決心したのだそうです。

 そして2004年の大晦日には,その決意どおりに東京文化会館においてN響のメンバーからなるオーケストラを指揮して,ベートーヴェンの交響曲全9曲の指揮をやり遂げました。演奏開始は15時30分でしたが,終了したときには翌年にさしかかっていました。

 これはクラシック音楽の大きなトピックとなりましたが,なんとこの全9曲のライヴ録音をそっくり収録した5枚組CDが発売されるというのです。気力と時間が許せば,これを5枚続けて聴いて当日のコンサートを追体験するというのもいいかもしれませんね。

 この全曲連続演奏会は今年も行われる予定だそうです。
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第1〜9番 <2004.12.31-2005.1.1>
      • 岩城宏之指揮,N響のメンバー,晋友会合唱団,
        釜洞祐子(ソプラノ),黒木美保里(アルト),
        小林一男(テノール),福島明也(バリトン)
      • AVEX AVCL 25060 (5CD)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.19


BBCレジェンドの次回新譜

 貴重なライヴ録音をリリースし続けているBBCレジェンドの新譜予告については,この欄で紹介するのが恒例になっているところですが,次回発売も下記のような豪華版です。それにしてもBBC音源の泉は尽きることがありませんね。後は発売を楽しみに待ちたいと思います。
  • バッハ
    • 平均律クラヴィア曲集第1巻〜
      • 第10番 ホ短調 BWV855
      • 第15番 ト長調 BWV860
  • モーツァルト
    • 幻想曲 ニ短調 K397
  • ベートーヴェン
    • ピアノ・ソナタ第2番
  • フランク
    • 前奏曲,コラールとフーガ
  • シューマン
    • 子供の情景
      • ホルショフスキ(ピアノ) <1986.6.12>
      • 英BBC LEGENDS BBCL 4171
  • ウェーバー
    • 祝典序曲 <1963.9.24>
      • モントゥー指揮,ロンドン響
  • ラヴェル
    • 組曲「クープランの墓」 <1960.10.11>
  • ペイペル
    • 交響曲第3番 <1960.10.11>
      • モントゥー指揮,BBC響
  • エルガー
    • エニグマ変奏曲 <1962.3.4>
  • シャブリエ
    • ポーランドの祭り <1961.12.14>
      • モントゥー指揮,ロンドン響
      • 英BBC LEGENDS BBCL 4172
  • ハイドン
    • ピアノ・ソナタ第59番
    • ピアノ・ソナタ第33番
  • ブラームス
    • 4つの小品 作品119
  • シューベルト
    • ピアノ・ソナタ第21番
      • フィルクスニー(ピアノ) <1969.1.4>
      • 英BBC LEGENDS BBCL 4173
  • ブルックナー
    • 交響曲第9番 <1974.5.4>
    • グッドール指揮,BBC響
    • 英BBC LEGENDS BBCL 4174
  • モーツァルト
    • 交響曲第36番「リンツ」 <1982.7.19>
  • ブラームス
    • 交響曲第1番 <1962.9.6>
      • ジュリーニ指揮,フィルハーモニア管
      • 英BBC LEGENDS BBCL 4175


※コメントは掲示板へ。

2005.9.18


諏訪内晶子のバッハの協奏曲

 チャイコフスキーコンクールに優勝して一躍有名となり,フィリップス・レーベルからCDをリリースしてきている諏訪内晶子の新譜として今度はバッハの協奏曲が発売予告されています。しかも今回は指揮振りだということです。

 バッハのヴァイオリン協奏曲のCDは,2曲の協奏曲と2つのヴァイオリンのための協奏曲をまとめて収録することが通例で,収録時間の関係からさらにカップリングされることもあるのですが,今回はヴァイオリンとオーボエのための協奏曲が収録されます。ちなみに,最近だとヒラリー・ハーンがこの4曲を収録したCDをリリースしていました。

 ソロを務めるのが,ウィーンフィルのコンサートマスターのフォルクハルト・シュトイデと,オーボエはフランソワ・ルルーと豪華布陣ですし,諏訪内晶子の演奏はロマン派以降のものを聴くことが多いので,バッハでどんな演奏を聴かせてくれるかとても楽しみです。今回も日本先行発売のようです。
  • J・S・バッハ
    • ヴァイオリン協奏曲第1番 BWV1041
    • ヴァイオリン協奏曲第2番 BWV1042
    • 2つのヴァイオリンのための協奏曲 BWV1043
    • ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 BWV1060
      • 諏訪内晶子(ヴァイオリン&指揮),フォルクハルト・シュトイデ(第2ヴァイオリン),
        フランソワ・ルルー(オーボエ),ヨーロッパ室内管
      • フィリップス UCCP-1114(11月23日発売)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.17


ラトル指揮ベルリンフィルの英雄の生涯

 ラトルとベルリンフィルは今年の11月にも来日公演を行う予定で,メインプログラムの1つに予定されているR・シュトラウスの「英雄の生涯」の新譜の発売を東芝EMIが予告しています。

 ところが,この録音はまだ行われておらず,今月の23〜5日のベルリンのフィルハーモニーホールでの演奏会のライヴ録音を発売する予定のようです。これも来日公演に合わせた便乗商法みたいなものですが,それにしても大あわてのリリースになりそうですね。当然のごとく日本先行発売とのことです。

ちなみに,この9月23〜5日の演奏会では,他にシェーンベルクの管弦楽のための変奏曲と,コジェナーとのラヴェルのシェエラザードが演奏される予定であり,こちらもぜひ聴いてみたいですね。
  • R・シュトラウス
    • 交響詩「英雄の生涯」
      • ラトル指揮,ベルリンフィル
      • 東芝EMI TOCE-55772(11月16日発売)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.16


佐渡裕の惑星

 今やクラシック音楽ファンのみならず広く知られることになったホルストの組曲「惑星」ですが,編成も大きく合唱が必要なこともあって,これまで日本人指揮者による録音は小沢征爾指揮のボストン響とのものがある程度ではないでしょうか。

 最近はエイベックス・クラシックから録音をリリースしている佐渡裕は,今年の6月27日に東京オペラシティ・コンサートホール「タケミツメモリアル」での第21回〈東京の夏〉音楽祭2005で久々にN響を指揮した演奏会を行い,プログラムは山下洋輔(!)のピアノ協奏曲第1番〜即興演奏家のための“ENCOUNTER”と,ホルストの惑星でした。

 この惑星のライヴ録音がエイベックスクラシックから発売予告されています。しかも嬉しいことにSACDハイブリッド盤です。これもどんな演奏が聴けるかとても楽しみですね。
  • ホルスト
    • 組曲「惑星」
      • 佐渡裕指揮,NHK響,東京少年少女合唱隊
      • エイベックスクラシック AVLC 25509(10月19日発売)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.15


ウェルザー=メスト指揮のアルプス交響曲

 オーストリアの指揮者,フランツ・ウェルザー=メスト(Franz Welser-Most, 1960- )は,1990年にテンシュテットの後任としてロンドンフィルの音楽監督に就任しましたが,良好な関係は長く続かず1995/6年のシーズンもって辞任し,,1996/6年のシーズンからはチューリヒ歌劇場の音楽監督(2002/3年からは首席客演指揮者)を務めています。さらに2002/3年のシーズンからはドホナーニの後任としてクリーヴランド管弦楽団の音楽監督も務めています。さらには2007〜9年にかけてウィーン国立歌劇場でのワーグナーの指輪の新演出を指揮することが決まっているなど,現在特に注目される指揮者の1人ではないでしょうか。

 ウェルザー=メストの録音は,ロンドンフィル時代にはコンスタントに発売されていましたが,その後はすっかりペースダウンし,チューリヒ歌劇場のライヴDVDが何点か発売されている以外では,グスタフ・マーラー・ユーゲント管との部ブルックナーの交響曲第8番がありました。

 このグスタフ・マーラー・ユーゲント管との新譜として,今度はアルプス交響曲が発売予告されています。最近はメージャーレーベルの大作の新録音がすっかり減少してしまいましたが,それにしても,グスタフ・マーラー・ユーゲント管の注目度は高いですね。今回発売される録音はウィーンのムジークフェラインザールでのライヴ録音ということです。
  • R・シュトラウス
    • アルプス交響曲 <2005.3.14>
      • ウェルザー=メスト指揮,グスタフ・マーラー・ユーゲント管
      • 英EMI 3 34569 2


※コメントは掲示板へ。

2005.9.14


The Man At The Piano

 往年の名演奏家や名歌手の録音をお聴きになる方なら,ピアノ伴奏者の名前にミヒャエル・ラウハイゼン(Michael Raucheisen, 1889-1984)の名前をしばしば見かけているのではないでしょうか。

 ラウハイゼンはドイツ国営放送の室内楽・声楽部門の責任者でもあり,1940年からはヨーロッパのすべての歌曲を録音・放送するという大プロジェクトを計画し,そのほとんどの録音でピアノ伴奏を行っていました。残念ながらこのプロジェクトはドイツの敗戦によって中断してしまいました。

 そのラウハイゼンが綺羅星のような名歌手とともに行った1000曲を超える録音が,なんと66枚ものCDセットで発売されることになりました。価格も1万円台で発売予告されており,これは見逃せないリリースですが,入手しても聴き通すのは容易ではありませんね。
  • ミヒャエル・ラウハイゼンの芸術
    • エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ)
      ハンス・ホッター(バス)
      カール・エルブ(バリトン)
      ヘルゲ・ロスヴァンゲ(テノール)
      ペーター・アンダース(テノール)
      アントン・デルモータ(テノール)
      マルガレーテ・クローゼ(ソプラノ)
      エレナ・ベルガー(ソプラノ)
      etc
      ミヒャエル・ラウハイゼン(ピアノ)
      • 独DOCUMENTS 223067 (66CD)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.13


OPUS蔵の次回新譜

 SP盤やLP盤からの高音質復刻CDをリリースしているOPUS蔵の次回新譜として,下記3点が発売予告されています。今回は近衛秀麿指揮のモーツァルトの協奏交響曲以外はLPからの復刻で,カラヤンとデニス・ブレインの録音が目立ちますが,このあたりになるとEMIなどの正規のCDもあるのに重ねて入手しようかどうしようか悩むところですね。
  • モーツァルト
    • ホルン協奏曲第1〜4番
      • デニス・ブレイン(ホルン),カラヤン指揮,フィルハーモニア管
    • ホルン五重奏曲
      • デニス・ブレイン(ホルン),グリラー弦楽四重奏団
      • OPUS蔵 OPK 7014
  • モーツァルト
    • 協奏交響曲 変ホ長調 K297b
      • 近衛秀麿指揮,ベルリンフィル,
        エーリヒ・ヴェンツケ(オーボエ),エルフレッド・ビュルクナー(クラリネット),
        マルティン・ツィーラー(ホルン),オスカル・ローデンシュタイナー(ファゴット)
    • セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管
    • 協奏交響曲 変ホ長調 K297b
      • カラヤン指揮,フィルハーモニア管,
        デニス・ブレイン(ホルン),シドニー・サトクリフ(オーボエ),
        バーナード・ウォルトン(クラリネット),セシル・ジェイムズ(ファゴット)
      • OPUS蔵 OPK 7015
  • ベートーヴェン
    • 交響曲第6番「田園」
    • カラヤン指揮,フィルハーモニア管
    • 交響曲第8番
      • ビーチャム指揮,ロイヤルフィル
      • OPUS蔵 OPK 7016


※コメントは掲示板へ。

2005.9.12


70歳を迎えるアルヴォ・ペルトの新譜

 今日は衆議院総選挙の日であり,その結果がどうなるか注目されているところですが,同時に今日はアメリカでのいわゆる同時多発テロから丸4年を迎える日でもあり,世界貿易センタービルの崩壊現場では追悼式典が行われます。

 こういった大きな出来事のほかにも,個人毎に様々な記念日があるものですが,実は今日はエストニア出身の作曲家アルヴォ・ペルト(Arvo Pärt, 1935.9.11- )の70歳の誕生日でもあります。

 今でこそペルトの名前や作品はクラシック音楽の世界ですっかり周知となりましたが,まだ知名度が低かった頃にペルトに注目していたのが独ECMレーベルで,昭和から平成に差しかかる時期にペルトの録音を相次いでリリースし,その独自の作品の世界の魅力を世に知らしめたのでした。

 私も1988年(昭和63年)にECMから発売された2点のCDでペルトの世界に開眼し,聴きうる限りのCDを聴いてきましたが,今やその録音は膨大で,とても全容を把握しきれないほどです。

 ペルトを紹介することでは先駆者であったECMもこれまで10点のCDをリリースしてきているところですが,ペルトが70歳を迎える本日,11点目の録音となるCDが発売されます。

 収録曲は,ボンベイ生まれの芸術家のアニッシュ・カプーアが制作し,ロンドンのテイト・モダンのターバイン・ホールに設置された巨大なオブジェ"Marsys"にインスパイアされた「タメンターテ」というソロ・ピアノと大管弦楽のための作品で,カップリングの「ダ・パーチャム・ドミネ」ともども世界初録音となります。

 もっとも,本日の発売というのは発売元の欧州でのことであり,国内入荷は来月,国内盤発売は11月とのことですが,ペルトファンの私としては,そんな素晴らしい作品なのか期待しているところです。
  • アルヴォ・ペルト
    • ラメンターテ
      • アレクセイ・リュビモフ(ピアノ),アンドレイ・ボレイコ指揮,シュトゥットガルト放送響
    • ダ・パーチェムドミネ
      • ヒリヤード・アンサンブル
      • 独ECM 4763 048
      • ECM UCCE 2049 (11月23日発売)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.11


ベルティーニのマーラー全集

 今年の3月17日に世を去った名指揮者ガリー・ベルティーニ(BGary ertini, 1927-2005)の代表的な録音に1980〜90年代にかけて行われたケルン放送響とのマーラー交響曲全集録音があります。

 この全集録音は今年の7月に東芝EMIから11枚組みのセットで再発売され,価格も1万1千円と廉価でしたが,今度は本家EMIから同じく11枚組みセットで発売されることになりました。価格も国内盤よりも大幅に廉価になりそうだとのことで,この名録音をまだ未入手でしたら,このリリースはチャンスではないでしょうか。11月発売予定とのことです。
  • マーラー
    • 交響曲第1〜9番
      • ガリー・ベルティーニ指揮,ケルン放送響ほか
      • 英EMI 3402382(11CD)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.10


ブレンデルのモーツァルトのピアノ協奏曲新譜

 モーツァルトの作品をレパートリーの中核の1つとしているブレンデルは,マッケラス指揮のスコティッシュ室内管とモーツァルトのピアノ協奏曲の新たな録音を進めているところで,これまで第22番と27番,第9番と25番,第20番と24番のCDがリリースされていますが,次回新譜として第12番と17番が発売予告されています。ブレンデルの演奏は年を追うごとに深まっているように感じているところですが,今度はどんな演奏を聴かせてくれるのか大変楽しみです。さらに個人的にはSACDでのリリースがどうなるのかが気になるところです。
  • モーツァルト
    • ピアノ協奏曲第12、17番
      • ブレンデル(ピアノ),マッケラス指揮、スコティッシュ室内管
      • 蘭PHILIPS 4756 930


※コメントは掲示板へ。

2005.9.9


ネトレプコの「椿姫」

 人気ソプラノのアンナ・ネトレプコには私もぞっこんだったりするのですが,これまでアリア集を録音していたドイツグラモフォンに,カルロ・リッツィ指揮のウィーンフィルと「椿姫」の全曲録音を行いました。

 ここのところメジャーレーベルに元気が無く,経費のかかるオペラ全曲盤の新譜も激減していてきているところですが,ロランド・ヴィラソン,トーマス・ハンプソンなどのラインナップも盤石で,久々に話題性の大きいオペラ全曲盤の登場ではないでしょうか。詳細不明ですが初回限定でスペシャルパッケージで発売されるとのことです。個人的にはSACDでのリリースがどうなるのかが気になるところです。
  • ヴェルディ
    • 歌劇「椿姫」全曲
      • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ),ロランド・ヴィラゾン(テノール),
        トーマス・ハンプソン(バリトン)
        カルロ・リッツィ指揮,ウィーンフィル,ウィーン国立歌劇場合唱団
      • 独GRAMMOPHON 4775 936 (2CD)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.5


曽根麻矢子のフランス組曲

 人気,実力の両面で,現役チェンバリストの第一人者といえる曽根麻矢子は,現在はエイベックス・クラシックに録音を行っているところで,今年の3月に発売されたライヴ録音のバッハの「イギリス組曲」全曲は,円満で完成度の高い演奏を聴かせていたものでした

 その曽根麻矢子の新譜として,今度は同じバッハの「フランス組曲」全曲が発売予告されています。これは「イギリス組曲」に続く新譜としては何ら違和感のあるものではありませんが,実は曽根麻矢子は「フランス組曲」の全曲録音を2000年にワーナーから発売していたところであり,5年ほどの間に再録音をリリースすることになります。

 とはいえ,5年の間の曽根麻矢子の進境は著しいものがあるでしょうし,今回もSACDハイブリッド盤での発売ということで,演奏と音質の両面で私も大変楽しみにしています。10月26日発売予定です。
  • J・S・バッハ
    • フランス組曲(全6曲)
      • 曽根麻矢子(チェンバロ)
      • AVEX CLASSICS AVCL-25510 (SACD Hybrid)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.4


ツィンマーマンとラトルのブラームス

 ここのところドイツグラモフォンから大変にシリアスで聴き応えのある録音をリリースしてきているクリスティアン・ツィンマーマンの次回新譜として,なんと,ラトル指揮のベルリンフィルとブラームスのピアノ協奏曲第1番が発売予告されています。

 ブラームスのピアノ協奏曲第1番は私の特に好きな作品の1つながら,この作品を弾きこなすのは容易ではないようで,満足できる録音はなかなかないと思っているところですし,ツィンマーマンはバーンスタインと1983年この作品を録音していたところですが,それから20年以上を経たツィンマーマンがどんな演奏を聴かせてくれるのか大変楽しみですし,ラトルのドイツグラモフォン初登場になるのだそうでこの点でも注目です。さらに個人的にはSACDでのリリースがどうなるのかが気になるところです。
  • ブラームス
    • ピアノ協奏曲第1番
      • ツィンマーマン(ピアノ),ラトル指揮,ベルリンフィル
      • 独GRAMMOPHON 4775 413


※コメントは掲示板へ。

2005.9.3


ヒュッシュ&エルナ・ベルガー・イン・ジャパン

 RCAから,1950年代前半に来日公演した名演奏家が築地の日本ビクターのスタジオで行った録音が相次いで発売されており,これまでオイストラフ,メニューインの録音が発売され,今月21日にはコルトーの録音が発売予告されています。

 これらのほかにも,国内でも人気の高かったドイツの名バリトン,ゲルハルト・ヒュッシュ(Gerhard Husch, 1901-1984)や,ドイツの名ソプラノ,エルナ・ベルガー(Erna Berger, 1900-1990)も来日時に録音を行っているので,何とか発売してほしいものだと思っていました。

 その願いが天に通じたのか,ヒュッシュとベルガーの来日録音も併せて2枚組CDんび収録して発売されることになりました。
  • シューベルト
    • 連作歌曲集「白鳥の歌」
  • J・S・バッハ
    • .カンタータ第56番「喜びて十字架を担わん」
  • ヴォルフ
    • ゲーテ歌曲集〜
      • アナクレオンの墓
      • 少年鼓手
      • 隠棲
      • ヴァイラの歌
  • リヒャルト・シュトラウス
    • .お前,ぼくのかわいい冠よ 作品21の2
    • .たそがれの夢 作品29の1
    • .献呈 作品10の1
    • .明日の朝 作品27の4 (未発表録音)
  • シューベルト
    • ばらのリボン
    • .楽に寄す
  • ヴォルフ
    • メーリケ歌曲集〜
      • 少年とミツバチ
      • 散歩
        • ゲルハルト・ヒュッシュ(バリトン),マンフレッド・グルリット(ピアノ),
          マンフレッド・グルリット指揮,ビクター室内管弦楽団(バッハ)
  • メンデルスゾーン
    • .歌の翼に
    • 新しい愛
    • .静けさ
  • シューマン
    • ミルテの花〜胡桃の木
    • リートと歌曲第2集〜小唄
    • リーダークライス〜月夜
  • リヒャルト・シュトラウス
    • 傷ついた心 作品29の2
    • 夜 作品10の3
  • ヴォルフ
    • メーリケ歌曲集
    • 4月の黄蝶
    • .妖精の歌
    • 女声のための6つの歌〜ねずみとりの呪文
      • エルナ・ベルガー(ソプラノ),マンフレッド・グルリット(ピアノ)
      • RCA BVCC 37442 (10月26日発売)


※コメントは掲示板へ。

2005.9.2


モントゥーとアントルモンのチャイコン

 フランス出身の名指揮者ピエール・モントゥー(Pierre Monteux, 1875-1964)は,米RCAとレコーディング契約を締結していたのですが,英デッカが米RCAと提携したことによって,1956年からは英デッカにも録音を行うようになりました。

 それらの一連の録音の中に,フランスのピアニスト,フィリップ・アントルモン(Philippe Entremont, 1934-)をソリストにロンドン響と1957年6月に録音したチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番がありました。

 しかしこの録音は,アントルモンが米コロンビア(現ソニークラシカル)に移籍してしまったために発売ができなくなってしまい,これまでお蔵入りしていました。

 それがどういう経緯によってかわかりませんが,瑞西のCascavelleからこの録音が発売されることになりました。この録音のときアントルモンは24歳,モントゥーは82歳。どんな演奏が聴けるのか大変楽しみです。
  • チャイコフスキー
    • ピアノ協奏曲第1番
      • アントルモン(ピアノ),モントゥー指揮,ロンドン響
      • 瑞西CASCAVILLE VEL 3078


※コメントは掲示板へ。

2005.9.1