カラヤン@ザルツブルクの第9(1976年8月29日)


◎ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」<1976.8.29>

   カラヤン指揮,ベルリンフィル,ウィーン楽友協会合唱団,
   アンナ・トモワ=シントウ(ソプラノ),
   アグネス・バルツァ(メゾ・ソプラノ),
   ペーター・シュライアー(テノール),
   ジョゼ・ファン・ダム(バス)

   米'Fuckmann fur Klassischer Musik' Society  FKM-CDR-147


 カラヤン指揮ベルリンフィルのザルツブルク音楽祭のライヴ録音です。昨日
感想を書いたフルトヴェングラー@ザルツブルクの第9の四半世紀後の演奏に
なります。

 カラヤンは前年の12月から椎間板の手術のため3ヶ月ほど闘病生活を経験
したのでしたが,復帰後はまた元のように積極的な指揮活動を再開し,4月の
ザルツブルク復活音楽祭,5月から6月にかけて西ドイツ国内の演奏旅行,6
月のプラハの春の参加などを経て,例年通りにザルツブルク音楽祭で幾多のオ
ペラやコンサートを指揮したのですが,この年の演奏では,ドレスデン・シュ
ターツカペレを指揮した8月15日のライヴ録音(曲目はギレリスのソロによ
るベートーヴェンのピアノ協奏曲とショスタコーヴィチの交響曲第10番)の
印象がとりわけ鮮明で,すでに感想を書き込んでいますが,カラヤンのアグッ
レッシヴなまでに積極的な音楽づくりが印象的でした。

 さてそれで演奏の印象なんですが,大変スマートですっきりした演奏で,響
きにも透明感があり実に美しい演奏です。それでいて軟弱なところは全くなく,
アンサンブルはピシッと引き締まっていて,トゥッティにはスピード感があり,
まさにハイスピードの高性能オーケストラを自在にコントロールした第9とい
う印象です。

 また,感情的にはドライで,カラヤンが音楽づくりそのものに専念したクー
ルな指揮をしていて,その毅然とした指揮ぶりには帝王カラヤンの自信と風格
が感じられます。

 こういった演奏なので,1,2楽章では荒々しさとか,感情的なのめり込み
といった要素は希薄で,クールにコントロールされた,美しくダイナミックな
演奏を聴かせているといった印象であり,3楽章は平明で軽やかで透明な美し
さには安堵の念を抱きつつただもう聴き惚れるばかりなんですが,表面的な美
しさよりも内面にはあえて踏み込まないアプローチのように思えます。

 最後の4楽章も相変わらずクールでダイナミックな演奏で見事な音の構築を
聴かせているものの,ベートーヴェン自信の信条である「苦悩を通じての歓喜」
をいった面での共感は意識されないのですが,むしろそれは音楽そのもの以外
の心理的文学的要素を演奏に持ち込ませない潔さの現れであり,これはカラヤ
ンの美学が貫かれた演奏なのだろうと思います。演奏終了後はブラボーの交じっ
た盛大な拍手が聴かれ,聴衆も大満足のようでした。

 この演奏を聴いて,カラヤンの演奏には精神性が感じられないとか,内容空
虚な演奏であるとかいった言い方をしたとしても決して的外れではないと思い
ますが,それはカラヤンの演奏に何か欠けたものがあると評価するのではなく,
異なったコンセプトによる演奏なのだと理解すべきだと思います。

 いずれにせよこの演奏は,カラヤンの意図が非常に高いレベルで実現してい
ることは事実ですし,感情的に演奏に寄りかかったり,ひたすら演奏にのめり
込んだりということをせずに終始毅然とした姿勢を貫くというのも強靱な精神
力が必要なのではないでしょうか。

 カラヤンはこののち晩年に向かって,角の取れた充実感のある響きと,聴き
手やオケとの共感に満ちた演奏をするようになっていきます。これは指揮者カ
ラヤンの変遷であることはもちろんですが,もしかすると今回の演奏で聴いた
ような強靱な精神力と毅然とした姿勢を貫く気力が後退していったということ
なのかもしれません。その意味では,この演奏は多少「お山の大将」的な感じ
がしないでもありませんが,カラヤンの心身の充実しきった時期の演奏の記録
として貴重なものではないでしょうか。

2000.10.1


ご覧いただいた感想をぜひお聞かせください

 このCD感想は参考になりましたか?
  はい
  いいえ
  どちらでもない