戻る


バーンスタイン指揮,フランス国立放送管のマーラー「復活」ほかライヴ


◎マーラー 交響曲第2番「復活」 <1958.11.13>

   ベルト・モンマール(ソプラノ),
   オラリア・ドミンゲス(メゾ・ソプラノ),
   バーンスタイン指揮,フランス国立放送管&合唱団


 マリウス・コンスタン 管弦楽のための24の前奏曲 <1958.11.13>

   バーンスタイン指揮,フランス国立放送管

   仏RADIO FRANCE FRF 002 (2CD)


 マーラーの「復活」を十八番とするバーンスタインが,1958年にフラン
ス国立放送管を指揮したシャンゼリゼ劇場でのライヴ録音が発売になりました。
これはバーンスタインのパリでのコンサート・デビューとなったもので,40
歳のときの演奏が聴けることになります。

 カップリングはルーマニア出身のフランスの作曲家マリウス・コンスタン
(Marius Constant, 1925-2004)の24の前奏曲で,この作品の世界初演です。
INA(フランス国立オーディオビジュアル研究所)所蔵の音源からのCD化
です。

 さっそく聴いてみると,第1楽章では,冒頭からアンサンブル引き締まって
いて集中度も高く,バーンスタインの指揮する旋律のうねりにも反応良く応え
ており,フランスのオーケストラとは思えないほどの,劇的で切れ味鋭い演奏
をつくり出しているのに驚かされますし,まさに圧倒される思いで聴き入って
しまいました。

 第2楽章は,中庸からやや遅めのテンポで懐深い表現を聴かせる一方で,変
奏のアップテンポな部分では,一転してダイナミックでスリリングな演奏となっ
て惹き込まれますが,全般にこの楽章の演奏では聴衆の咳き込みなどの会場ノ
イズが多く,演奏会場全体が集中しきれない雰囲気も感じられました。

 第3楽章は,積極果敢さを感じる意欲的なアプローチによって,スリリング
で緊張感のある演奏をつくり出しており,再現部直前のクライマックスに向け
て一気に突入していき,最後まで克明で表出力のある演奏が貫かれていました。

 第4楽章も,楽章の開始後しばらくは会場がざわつき気味だったのですが,
独唱のオラリア・ドミンゲスは,正攻法で過不足ない歌唱を聴かせていますし,
バーンスタイン指揮のオケも,ヒューマンな暖かさと深みのある演奏を聴かせ
ており,演奏が進むにつれて聴衆も惹き込まれていく様子を聴くことができま
した。

 第5楽章は,冒頭からバーンスタインの体当たり的な指揮によるドラマチッ
クな表現が,直線的ないしは直情的なエネルギーの漲る,激烈なインパクトと
ともに聴き手に襲いかかってきて圧倒されますし,合唱と独唱が加わってから
は比較的スッキリとした描写を聴かせており,そこからスリリングさを増しつ
つ,最後は炸裂するかのようなクライマックスを築き上げていました。

 こうして聴いてみると,ここでのバーンスタインの演奏は,同曲のその後の
演奏とは大きく異なっており,若々しい果敢さが漲っていて,どこか青臭さの
残るような気がしないでもない,赤裸々でストレートな表現に惹き付けられま
すし,まさにこの時期のバーンスタインならではの演奏の魅力といえるのでは
ないかと思います。

 また,この演奏でのフランス国立放送管の演奏ぶりも大変に印象的で,フラ
ンスのオーケストラとは思えないほどに,エネルギッシュでキレのある,全力
投球の演奏を行っていて,金管が音を外したりふらついたりすることもあるの
ですが,そのようなことも辞さずに,精一杯の演奏を行っている姿は感動的で
す。

 続いて世界初演のライヴ録音である,マリウス・コンスタンの管弦楽のため
の24の前奏曲が収録されていますが,これは6秒から1分ほどの長さの,展
開のない「エッセンス」ということです。

 実際に聴いてみると,無調の表現主義的な作風から,リズミカルな曲調,爆
発的な推進力,シリアスな表現など,当時の管弦楽曲のスタイルのサンプル集
のような趣があり,1つ1つが聴いていて面白いですし,バーンスタインは多
様な作風を鮮やかに表出しているのではないかと思います。

 音質については,モノーラル録音ながら,ダイナミックでリアリティのある
音質を聴くことができ,音の質感も良好で,やや低域の薄いサウンドバランス
ではあるのですが,フランスの放送録音らしい明晰さ感じられる秀逸な録音だ
と思います。

 そんなわけで,これはバーンスタインの鮮烈なパリ・デビューの演奏を生々
しく伝えるドキュメントとしても貴重ですし,何よりも,若さとエネルギーの
弾けるバーンスタインのフレッシュでストレートな演奏は,他の録音からは聴
けないものですし,さらにはコンスタンの作品の世界初演までが聴けるという
魅力満載のCDであり,強力に推薦したいと思います。

2009.4.29


ご覧いただいた感想をぜひお聞かせください

 このCD感想は参考になりましたか?
  はい
  いいえ
  どちらでもない