コリン・ディヴィス指揮ボストン響のシベリウス5,7番


◎シベリウス 交響曲第5番
          第7番

   コリン・ディヴィス指揮,ボストン響 <1975.1>

   蘭PHILIPS 474 740-2


 このCDは1975年から翌年にかけて録音したシベリウス全交響曲録音か
らの再発売ですが,今回は96kHz,24ビットマスタリングによる,グレー
トレコーディングス50シリーズでの発売です。

 このシベリウスの交響曲全集録音は,LPで発売された当初から非常に充実
した演奏として評価されており,シベリウスの交響曲をまとめて聴くのであれ
ば真っ先に指を折るべき録音として定盤的な存在でした。もっとも,コリン・
ディヴィスはその後ロンドン響を指揮して再びシベリウスの交響曲全集を録音
しているので,いまではそちらの方が一般的かもしれません。

 私自身,この全集録音はLPでも入手していましたし,4枚組のCDセット
で再発売されたときにもすぐに入手しました。あまり記憶が定かではないです
が,これはシベリウス交響曲全集の初CDだったのではないでしょうか。

 実をいうと,私もこの全集録音は10年くらい聴いておらず,演奏の記憶も
かなり朧気になっていたところ,CDショップの店頭で新たにリマスタリング
されているのを見つけたので,久々に聴いてみようと思って入手したのでした。

 それでさっそく聴いてみたところ,これは明快な特色をもった演奏で,シベ
リウスの演奏で連想してしまいがちな,冷ややかで毅然とした響きというのと
は異なり,緻密で精妙な響きを聴かせながらも決して刺激的ではなく,穏やか
であると同時に大変に見通しのよい,広がりと透明感のある演奏を聴かせてい
ます。

 コリン・ディヴィスの指揮もエモーションを露わにするようなことは全くな
く,オーケストラを見事に統率して細部までコントロールの行き届いた完成度
の高い演奏を披露しているのですが,非常に特徴的なことに,なんだか音それ
自体のみがただ存在しているだけといったような趣があって,この演奏では,
しなやかなフレージングや,鮮やかな強弱の対比を聴かせているというのに,
演奏に対する感情的な思い入れのようなものが全く感じられず,精神的不感症
な演奏ではないかと思えるほどなのです。

 ところが面白いことに,この演奏を聴いていてしらけた気持ちになることは
決してなくて,それどころかこういった「感情」という手垢の付いていない演
奏を聴いていても,聴き手である私の側がその中に感動的な美しさを見出して,
ほとんど陶酔しきって聴いてしまったのでした。これは喩えていえば,雄大な
自然の光景それ自体には感情などがあるはずもないのに,それを見た人間は強
く打たれて感動してしまうというのに似ているかもしれません。

 結果として,私はこの演奏を聴いて大いに感激し,堪能したわけなのですが,
それにしても,シベリウスをこんな風に演奏するなどというのは私には想像も
つかないことでしたし,これを聴くことでまた1つ演奏というもののあり方に
ついて新たな経験をし,学ぶことができたなという思いがしています。

 そんなわけでこれは非常にユニークで見事な演奏だと思います。しかも演奏
の側から訴えてこないだけに,この演奏に対して抱く印象というのは聴き手の
側の内面の反映だったりするかもしれないので,その意味ではなかなかに手強
い演奏であり,心の準備をして聴く必要があるかもしれません。

2001.4.17


ご覧いただいた感想をぜひお聞かせください

 このCD感想は参考になりましたか?
  はい
  いいえ
  どちらでもない