ブレンデルによるシューベルトのピアノ・ソナタ・ライヴ


◎シューベルト ピアノ・ソナタ第18番「幻想」D894 <1998.9.25>
               第9番 D575 <1998.10.4>
               第20番 D959 <1999.6.14>
               第21番 D960 <1997.6.25>

    ブレンデル(ピアノ)

    蘭PHILIPS  456 573-2


 ブレンデルのシューベルトのライヴ録音が発売になりました。2枚組です
が嬉しいことにミッドプライスです。第9番D575のソナタはスタジオ録
音していない曲目であり,この点でも注目です。

 シューベルトはブレンデルの中核的なレパートリーの1つであり,主要作
品の録音は繰り返し行われてきていて,特に1987年から翌88年にかけ
て録音された7枚のCDは,考え抜かれた解釈と,鍵盤とペダルの絶妙なコ
ントロールによって,1つ1つの音が意味付けられて鳴り響いている,まさ
に息を呑むばかりの名演であり,シューベルト演奏の1つの方向性を極めた
演奏として拝聴してきました。

 今回のCDは,そのスタジオ録音から10年余を経過してのライヴ録音と
いうことであり,現在のブレンデルがどんな演奏を聴かせてくれるのか大変
楽しみです。

 それで今回のCDの演奏なのですが,1つ1つの音を検討し尽くして,明
確な意図をもってコントロールするという,いつものブレンデルの流儀には
変わりはないものの,以前に比べて余計な力が抜けていて,そのため息詰ま
るような緊張感がかなり緩和されており,打鍵もアタックの強さをむやみに
際立たせずにいっそう精妙なコントロールのできるレンジで演奏を行ってい
て,ニュアンスの味わいや余韻の広がりが感じられるようになっています。

 今回の演奏を聴いて改めて思ったことは,これまでのブレンデルはストイッ
クに自らの表現を追求することに執心するあまり,ピアノを弾いて音を発す
ることそれ自体に意識がとらわれていて,そこには聴き手の共感を受け入れ
る余地もなく,聴き手側もその見事な演奏をただただ拝聴するばかりといっ
たものであったのが,空間に放たれた音に対してブレンデル自身の感受性が
反応しながら演奏するというフィードバックのサーキットができており,そ
のせいか,これまでのブレンデルの演奏からはあまり聴かれなかった,穏や
かでなじみの良い表現ながら聴き手の心に浸透する慈しみの表現が聴かれる
ようになっていて,これはブレンデルの見事な円熟といえるのではないでしょ
うか。

 ブレンデルは,ヴァンガードへの録音を皮切りに,フィリップスへのアナ
ログ録音,そして前にも述べたデジタル録音と,録音を重ねるたびに表現を
深化させていき,ブレンデルというピアニストのひたすら道を究める姿勢と
それを現実に成し遂げていく能力にはその都度驚かされてきたのでしたが,
今回の演奏では,従来からの単一路線を突き進むだけでなく,新たな地平を
見いだしたということのようであり,ブレンデルの演奏は今後とも聴き逃せ
ないなとの思いを新たにしました。

 ブレンデルのことばかりいろいろ書いてしまいましたが,ここでの演奏は,
考え抜かれたフレージングと間のよさ,絶妙この上ないニュアンス,1つ1
つの音の存在感といった演奏の仕上がりの見事さだけでなく,浸透力のある
音色や波紋のように広がる余韻の深い味わい,そしてどこか余裕を感じさせ
るアプローチが聴き手を過度に緊張させることなく充足感で満たしていくよ
うな演奏を聴かせているのです。

 これを聴いていると,ブレンデルのレパートリーの中でもやはりシューベ
ルトには格別の思い入れ,あるいは相性の良さを感じますし,ブレンデルが
シューベルトを演奏し続けることそれ自体が,シューベルト解釈のエポック
を築き続けることになるのだろうということが実感できて,巨匠不在といわ
れる現代にあって,本当に貴重な同時代体験のできるものではないでしょう
か。

 私自身,21世紀をこのような素晴らしいCDを聴くことでスタートでき
たことは大変幸せに思えたのでしたが,このCDは21世紀を切り開く人間
の英知に明るい展望を抱くことができる名演として強くお薦めしたいと思い
ます。

2001.1.2