未聴CDを聴く11 モスクワ音楽院のアシュケナージ


◎ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第18番
 ショパン    バラード第1から4番
 ドビュッシー  喜びの島
         前奏曲第1巻〜中断されたセレナード
         ベルガマスク組曲〜月の光

  アシュケナージ(ピアノ)<1963.6.9>

  米Russian Disc  RD CD 11 208


 アシュケナージが西側に亡命する直前の,もしかするとソ連での最後の演奏
会だったかもしれない,モスクワ音楽院大ホールでのライヴ録音。

 このCDは国内盤規格でも発売されたことがあり,レコ芸の批評ではたしか,
演奏の素晴らしさと,楽器(ピアノ)の貧弱さを指摘していたように思います。

 これまで未聴であった,このCDを聴いた印象ですが,最初のベートーヴェ
ンのソナタは非常に素直でさわやか。実は私はこのソナタは大好きなのですが,
粒立ちの良いタッチで,実に気持ちよく曲が運んでいきます。

 続くショパンには,タッチの軽さと同時に,鋭敏な反応とひたむきさがあっ
て,テクニックとして聴いても,メッセージとして聴いても大変に鮮やかで,
パッションがさわやかに駆け抜けていく正に心洗われる名演です。はっきりいっ
て,ショパンのバラードを聴いてこんなに感激したのは初めてじゃないかと思
います。亡命後デッカに録音したバラードは全然面白くありませんでしたが,
こちらは超お薦めです。

 続くドビュッシーも鮮やかなコントロールを聴かせますが,聴き手を今ひと
つ引き込むことができず,まだ表現の世界を造りきれていないように感じまし
た。

 それと,ピアノの音ですが,確かに強打した際には潰れ気味の情けない音に
なりますが,タッチは明解で,きれいに粒は揃ってないにせよ,それなりに美
しい和音が聴けますし,そんなにヒドいとは思いませんでした。もっとも,ピ
アノを弾かれる方なら耳を覆ってしまうかもしれませんが。

 とうわけで,ショパンのバラード4曲の超名演の今さらながらの発見でした
(^_^)。予想もしないところで超名演に出会うものですね〜。

1999.8.11